PR
画面●AmazonソーシャルカートのWebページ。ここから、アカウントの連携設定をする
画面●AmazonソーシャルカートのWebページ。ここから、アカウントの連携設定をする
[画像のクリックで拡大表示]

 アマゾン ジャパンは2014年7月11日、「Amazon.co.jp」(以下、アマゾン)において、Twitterとの連携機能「Amazon ソーシャルカート」を開始したと発表した。アマゾン上の商品へのリンクを含むツイートにリプライ(返信)することで、その商品をアマゾンの「ショッピングカート」に入れられる。

 ユーザーはTwitter上で気になる商品のリンクを含むツイートを見つけたら、「#アマゾンポチ」という専用のハッシュタグを付けた上でリプライする。これで、当該の商品がショッピングカートに追加される。この方法で気になる商品を手軽に保存しておき、あとで確認・購入するといった使い方ができる。また、この機能を使ってアフィリエイト報酬を得ることも可能という。

 Amazon ソーシャルカートを利用するには、Twitterとアマゾンのアカウントが必要。さらに、アマゾンのWebサイト上で両者を連携させる必要がある(画面)。

Amazonソーシャルカート