PR

香港:コンピテンシー・センター設立へ


香港 生産力促進局のKevin Ng氏
[画像のクリックで拡大表示]

 香港では,Opensource Farm Projectと呼ぶプロジェクトが進められている。これは,香港の小中学校へのオープンソース・ソフトウエア普及を図るプロジェクトだ。Chinese Free Font Projectは,フリーの中国語フォントを作成するもの。GNOMEのローカライゼーションを行っているプロジェクトもある。

 政府は2003年にLinuxリソースセンターを設立しており,Linuxの活用事例の表彰などを行っている。政府が現在進めているのは香港オープンソース・コンピテンシー・センターを設立するプロジェクトだ。ソフトウエア・ベンダーがLinuxなどのオープンソース上で動作するアプリケーションを作ることを手助けすることが目的で,2007年中に設立する計画という。

台北:イベントWikimaniaにWikipedia創設者が参加


台北 情報科学研究所(Institute of Information Science,Academia Sinica)Tzu-Chiang Liou氏とFrances Huang氏
[画像のクリックで拡大表示]

 台湾政府は,2002-2007年OSSプランを策定しており,経済部工業局内にFree Software Steering Committeeを設立した。政府のサーバーでLinuxを使用しており,自治体でオープンソースを使うパイロットプロジェクトがある。ドキュメントはオープンスタンダードを推進している。最初のLinux展示会は2000年に開催されている。

 2006年,Wikipediaのイベント,Wikimania2006が米国マサチューセッツ州ケンブリッジで開催された。Wikipediaの創設者であるJimmy Wales,クリエイティブ・コモンズの提唱者Lawrence Lessig氏を招いている。2007年8月には台北でWikimania2007を開催する予定だ。

【訂正】
掲載当初Wikimania2006が台北で開催と記述しておりましたが,正しくは米国マサチューセッツ州ケンブリッジでした。お詫びして訂正いたします。(2007年3月23日)


バングラディッシュ:OCRソフトウエアをGPLで公開


バングラディッシュから参加したBangla Innovation Through Open SourceのTazrian Khan氏
[画像のクリックで拡大表示]

 バングラデッシュでは,Bangladesh Open Source NetworkAnkurなどのオープンソース・コミュニティがある。Bangladesh Open Source Networkは大学などを中心としたネットワーク。AnkurはLinuxなどのローカライゼーションを行っており,GNOME翻訳プロジェクト,KDE翻訳プロジェクト,Mandrake/Mandriva Linux翻訳プロジェクト,Redhat/Fedora翻訳プロジェクト,SUSE Linux翻訳プロジェクト,OpenOffice.org Bangla,Bengali Dictionary,Free Bangla Fonts Project,Ankur Bangla Live! CDなどのプロジェクトがある。

 またバングラディッシュ言語処理研究センター(The Center for Research on Bangla Language Processing,CRBLP)は,GPLでバングラディッシュ語のOCR(文字認識)ソフトウエアを公開している。

タイ:OpenOffice.orgのタイ語版,Mamboのコミュニティ


タイから参加したMamboClub ThailandのAkarawuth Tamrareang氏(右)ら
[画像のクリックで拡大表示]

 タイから参加したAkarawuth Tamrareang氏は,オープンソースのコンテンツ管理システムであるMamboのタイ・コミュニティMamboClub Thailandの創立者だ。Mamboのタイ語化など普及活動を行っている。Tamrareang氏はMarvelic Engineという会社を設立,Mamboを利用したシステム開発や教育を行っている。

 政府の研究機関であるNECTEC(National Electronics and Computer Technology Center)がオープンソースの利用を推進しており,タイ語版Linuxの「LinuxTLE」,OpenOffice.orgのタイ語バージョン「OfficeTLE」を開発,NECTEC内での全オフィス・ソフトのOfficeTLEへの移行を進めている。Windows上で動くタイ語版オープンソース・ソフトウエア(OpenOffice.org,Firefox,Thunderbird)のCD「Chantra」も作成され,配布されている。

 2003年には,このLinux TLEを採用した低価格パソコン「ICT PC」を開発するプロジェクトが発表されている。このプロジェクトによって,Microsoftは対抗して低価格版のWindowsやMicrosoft Officeを提供するなど,パソコンの低価格化が進んだという。