PR

 2008年1月19日の土曜日,Second Life上で興味深いイベントが開催された。「防災とボランティアのつどい イン・セカンドライフ」だ。

 これは,1月19日の午後3時から午後5時30分の間,東京駅丸の内口,丸ビル,新丸ビルを結ぶ地下空間で“リアル”に開催される「防災とボランティアのつどい」(内閣府主催)の会場と,仮想3次元空間であるSecond Life内の会場を結び,リアル会場の様子をSecond Life内の会場に配信することで,遠方の人などにもSecond Lifeを通じて防災イベントを体験してもらおうという企画である。

 これまでにもSecond Lifeでは様々なイベントが開催されてきた。ただし,Second Life内のイベントに政府自らが参加するのは初めてのことだという。また,リアルとバーチャルを結ぶという試みにも興味があった。どのような結果になるのか。小さな期待を込めて,筆者も参加してみることにした。

映像配信はなし,音声の中継だけでは一体感は持ちにくい

 午後3時,Second Lifeに接続してイベント会場に向かう。Second Life側のイベントは,インターネット・サービス・プロバイダ(ISP)のインターリンクが全面サポートした。同社は以前からSecond Life内に「八国山(はちこくやま)アイランド」という島(SIM)を持っており,環境保護団体や人道支援団体などのNPOを支援する活動を継続している。日本ウミガメ協議会が特設店舗を設置していることでも有名だ(関連記事)。今回のイベント会場は,この八国山アイランド内に建設した「BOUSAI CAFE」という施設である(写真1)。


写真1●Second Life内の「八国山アイランド」に設けられた「BOUSAI CAFE」
開始時刻の午後3時時点で既に多くのアバターが集まっていた。
[画像のクリックで拡大表示]

 筆者がBOUSAI CAFEに到着すると,既に多くの人(アバター)が同施設内に集まっており,盛況のようだった。筆者も中に入ってみる。中では,リアル会場の様子が配信されていた。

 ただ結論から言うと,このイベントはやや期待外れだった。リアル会場の様子は映像では分からず,送られてくるのは音声だけ。展示物などもほとんどなかったからだ。

 リアル会場では,「防災ボランティアを体験して」というテーマで第1セッションのパネルディスカッションが始まっていた。パネラーは,京都大学大学院地球環境学舎 大学院生の井村美和氏,国際ボランティア学生協会 本部事務局の大谷尚宏氏,大谷大学 専任講師の志藤修史氏,京都災害ボランティアネット 副理事長の長峰健太郎氏の4氏。聞き手は,文化放送 防災キャスターの高橋民夫氏である。だが,送られてくるのが音声だけでは,どの発言が誰のものかが分かりづらい。しかも音声はときおり途切れ,聞きづらかった。数十人のアバターが同時に存在していたことや音声がストリーミングで流されていたことで,通信トラフィックが膨大になっていたためだろう。

 ちなみに筆者のネット環境はFTTH。マンション構内は最大100MbpsのVDSLで中継している。そのVDSLモデムのアクセス・ランプがほとんど付きっぱなしだった。パソコンは一昔前のものとはいえ,CPUはPentium 4の2.8GHzでメモリーは1Gバイト。グラフィックスカードも増設してある。それでもこの程度の聞こえ方だとすると,ADSL回線や低スペックなパソコンでは,より厳しい状況だったと想像される。

 インターリンクにとっても,この状況には面食らったようだ。八国山アイランドの管理人で,今回のイベントの中心的な役割を演じたグリア氏(写真2の中央付近で青い着物を着たアバターの人)も,ときおり関係者にIM(インスタント・メッセージ)で連絡を請うとチャットで発言していたが,それに対して関係者はIMがつながらないとの返答。グリア氏もかなり焦っている様子がうかがえた。

 もちろん,リアル会場とSecond Life内の一体感がまったく無かったわけではない。リアル会場のディスカッションに泉信也・内閣府防災担当大臣が飛び入り参加してきたときのことだ。急きょ,大臣のアバターが作られ,Second Life内にも大臣が登場した。そのときは,つかの間ではあるがSecond Life内にもライブ感が出た。Second Lifeからの大臣に対する質問をグリア氏がリアル会場で紹介するなど,擬似的ではあるが相互のコミュニケーションも生まれた。

 とはいえ,それはあくまでも偶発的なもの。当然のことながらSecond Life内の大臣のアバターは,大臣が自ら操作しているわけではなく,Second Life内で発言することもない。やはり「別室でリアル会場の音をそっと聞いている」という感覚から抜け出すことは難しかった。


写真2●BOUSAI CAFEの中の様子
多数のアバターが参加しており,はっきり言って誰が誰やら分からない。中央付近,青い着物の女性アバターがインターリンクのグリア氏。その隣に“ガイコツ氏”もたたずむ。
[画像のクリックで拡大表示]