PR
 
関数順 インデックス
目的別 インデックス

解説記事
・本「Perlリファレンス」について
・Perlの使い方入門

アルファベット一覧
a | b | c | d | e | f | g | h | i | j | k | l | m | n | o | p | q | r | s | t | u | v | w | x | y

a
abs 絶対値を返す
alarm SIGALRMを送る
atan2 アークタンジェント(逆正接)を返す
b
binmode ファイルの読み書きをバイナリモードに設定する
bless リファレンスをパッケージに所属させる
c
caller サブ・ルーチン呼び出しのスタック情報を返す
chdir カレント・ディレクトリを変更する
chmod ファイルのパーミッションを変更する
chomp 行末文字を削除する
chop 文字列の最後の文字を削除する
chown ファイルの所有者とグループを変更する
chr 文字コードを対応する文字に変換する
chroot ルート・ディレクトリを変更する
close ファイルをクローズする
closedir ディレクトリをクローズする
continue 継続ブロック
cos コサイン(余弦)を返す
crypt 文字列を暗号化する
d
defined 未定義値かどうかを判定する
delete ハッシュから指定したキーと値を削除する
die スクリプトを異常終了する
e
each ハッシュから次のキーと値のリストを取得する
eof ファイルの終わりかどうかを判定する
eval 内部でPerlスクリプトを実行する
exists ハッシュに指定したキーが存在するかを判定する
exit スクリプトを終了する
exp e(自然対数の底)のn乗を返す
f
flock ファイルのロック・アンロックを行う
for 繰り返し処理
foreach 繰り返し処理
fork 新しいプロセスを生成する
g
getc ファイルから1バイト読み込む
glob ファイル名を検索する
gmtime time形式の時間をグリニッジ標準時に変換する
grep 条件に一致する要素を返す
h
hex 16進数を10進数に変換する
i
if 条件分岐
index 文字列中に部分文字列が最初に現れる位置を返す
int 整数部分を返す
j
join 区切り文字をはさんで文字列を連結する
k
keys ハッシュのキーのリストを返す
kill プロセスにシグナルを送る
l
last ループから抜ける
lc 文字列を小文字に変換する
lcfirst 先頭の一文字を小文字に変換する
length 文字列の長さを返す
link ファイルのハードリンクを作成する
local 変数の値を一時的に上書きする
localtime time形式の時間をローカル時間に変換する
log e(自然対数)を底とする対数を返す
lstat ファイル情報を返す
m
m パターンマッチ
map リストを評価して結果を返す
mkdir ディレクトリを作成する
my 変数をローカル変数にする
n
next 次の繰り返しをはじめる
no モジュールを無効にする
o
oct 2進数/8進数/16進数を10進数に変換する
open ファイルをオープンする
opendir ディレクトリをオープンする
ord 先頭文字の文字コードを返す
our グローバル変数を宣言する
p
pack リスト値を文字列に変換する
package 名前空間に属することを宣言する
pop 配列の末尾の要素を削除する
print 文字列を出力する
printf 文字列を出力する
push 配列の末尾に要素を追加する
q
q シングル・クオートされた文字列
qq ダブル・クオートされた文字列
qr 正規表現
quotemeta メタ文字の前にバックスラッシュを挿入する
qw 空白を区切り文字として文字列のリストを作成する
qx コマンドの実行結果を文字列として出力する
r
rand 乱数を返す
read ファイルからデータを読み込む
readdir 次のディレクトリ・エントリを返す
ref 型がリファレンスかどうかを返す
rename ファイル名を変更する
require ファイルを読み込んで実行する
return 呼び出し元に値を返す
reverse リストを逆順にする
rindex 後ろから調べて部分文字列が最初に現れる位置を返す
rmdir ディレクトリを削除する
s
s 文字列置換
scalar 値をスカラ・コンテキストで評価する
seek ファイル・ポインタを任意の位置に設定する
shift 配列の先頭の要素を削除する
sin サイン(正弦)を返す
sleep スリープする
sort リストをソートする
splice 配列要素の削除・挿入を行う
split 文字列を分割する
sprintf フォーマットした文字列を出力する
sqrt 平方根を返す
srand randのシード値を設定する
stat ファイル情報を返す
sub サブルーチンを定義する
substr 文字列から指定した部分を取り出す
symlink シンボリック・リンクを作成する
sysopen ファイルをオープンする
sysread ファイルからデータを読み込む
system コマンドを実行する
t
tell ファイル・ポインタの位置を返す
time 現在の日時データを返す
times プロセスのCPU使用時間を返す
tr 文字の置換を行う
truncate ファイルを指定した大きさに切り詰める
u
uc 文字列を大文字に変換する
ucfirst 先頭の1文字を大文字に変換する
umask umask値を設定する
undef 変数を未定義にする
unless 条件を分岐する
unlink ファイルを削除する
unpack 文字列をリスト値に変換する
unshift 配列の先頭に要素を追加する
use モジュールを読み込む
utime ファイルのアクセス時刻/更新時刻を設定する
v
values ハッシュの値のリストを返す
w
wait 子プロセスの終了を待つ
wantarray サブ・ルーチンの呼び出し元のコンテキストを判定する
warn 警告を出力する
while 繰り返し
x
-X ファイル・テスト演算子
y
y 文字の置換を行う