PR
 
関数順 インデックス
目的別 インデックス

構文
 
 our 変数

返り値
 
 変数値

説明

  • カレントのパッケージに所属するグローバル変数を作成します。

使用例

グローバル変数$fooを使用する
#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;

{
  our $foo;
  $foo = 100;
  
  print $foo, "\n"; # 100
}

{

 # 既に同一パッケージでourされている場合は以前の変数を使う
  our $foo; 

  $foo++;
  
  print $foo, "\n"; # 101
}
パッケージグローバル$foo変数を使用する
#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;

{
  package P1;
  our $foo = 100;
  
  sub print_val {
    print $foo, "\n";
  }
}

{
  package P2;
  our $foo = 200;
  
  sub print_val {
    print $foo, "\n";
  }
}

print $P1::foo, "\n"; # 100
print $P2::foo, "\n"; # 200
print "\n";

P1::print_val(); # 100
P2::print_val(); # 200
print "\n";

$P1::foo = 1; # グローバル変数の書き換え
$P2::foo = 2; # グローバル変数の書き換え

P1::print_val(); # 1
P2::print_val(); # 2
print "\n";