PR
 
関数順 インデックス
目的別 インデックス

構文
 
 umask umask値

返り値
 
 変更前のumask値

説明

  • umask値を指定した値に変更して,変更前のumask値を返します。
  • 省略すると単に現在のumask値を取得します。

使用例

現在のumask値を表示する
#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;

printf "%03o\n", umask;
umask値を8進数の022に設定する
#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;

umask 0022;
printf "%03o\n", umask;
一時的にumask値を無効(0)にしてからディレクトリを作成する
#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;

my $dir = 'foo';
my $mask = umask; # umask値を保存する
umask 0;
mkdir $dir, 0777 or warn "$dir:$!";
umask $mask; # umask値を元に戻す