PR
 
関数順 インデックス
目的別 インデックス

構文
 
 delete 削除対象

返り値
 
 ハッシュから削除した値

説明

  • ハッシュから,削除対象となるキーと値を削除します。

使用例

ハッシュ%fooから要素bを削除する
#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;

my %foo = (
  a => 1,
  b => 10,
  c => 100,
  d => 1000,
);

my $del_key = 'b';
my $del_val = delete $foo{$del_key};
printf "delete %s => %s\n", $del_key, $del_val;
print "\n";

print "hash data.\n";
print "----------\n";
foreach my $key (sort keys %foo) {
  printf "%s => %s\n", $key, $foo{$key};
}
ハッシュ%fooから要素aと要素bを削除する
#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;

my %foo = (
  a => 1,
  b => 10,
  c => 100,
  d => 1000,
);

my @del_keys = ('a', 'b');
my @del_vals = delete @foo{@del_keys};

printf "delete keys   = (%s)\n", join(',', @del_keys);
printf "delete values = (%s)\n", join(',', @del_vals);
print "\n";

print "hash data.\n";
print "----------\n";
foreach my $key (sort keys %foo) {
  printf "%s => %s\n", $key, $foo{$key};
}
※ハッシュから複数の要素をまとめて削除することもできます。