PR
 
関数順 インデックス
目的別 インデックス

構文
 
 foreach 変数 (処理対象) 処理
 foreach 変数 (処理対象) 処理 continue 次の繰り返し直前に実行する処理

返り値
 
 なし

説明

  • 処理対象の値を一つずつ変数にセットしながら指定した処理を実行します。
  • 変数を省略すると$_に処理対象の値をセットします。
  • foreachの代わりにforを使って書くことができますが,forはfor (式; 式; 式) 処理の形式で書くのが一般的です。

使用例

1から10までの値を表示する
#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;

foreach my $i (1..10) {
  print $i, "\n";
}
2重ループを行い,かけ算九九の値を表示する
#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;

foreach my $i (1..9) {
  foreach my $j (1..9) {
    printf "%3d", $i*$j;
  }
  print "\n";
}
配列@itemsの要素を表示する
#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;

my @items = qw(
  Alpha
  Bravo
  Charlie
  Delta
);

foreach my $item (@items) {
  print $item, "\n";
}
環境変数の一覧を表示する
#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;

foreach my $key (sort keys %ENV) {
  printf "%s = %s\n", $key, $ENV{$key};
}