PR
 
関数順 インデックス
目的別 インデックス

構文
 
 push 配列,リスト

返り値
 
 リスト追加後の配列の要素の数

説明

  • 配列の末尾にリストを追加します。
  • 配列を操作する関数は他に以下のものがあります。
    • pop 配列の末尾の値を削除する
    • shift 配列の先頭の値を削除する
    • splice 配列の任意の要素を操作する
    • unshift 配列の先頭に値を挿入する

使用例

配列@dataの末尾に値10000と100000を追加
#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;

my @data = (1, 10, 100, 1000);

# 末尾に値を追加
push @data, (10000, 100000);

# 値を表示
foreach my $item (@data) {
  print $item, "\n";
}
配列@stackを利用したスタックにA, B, Cを積んだ後,一つずつ値を取り出す(後に入れたものを先に取り出す)
#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;

my @stack = ();

push @stack, 'A';
push @stack, 'B';
push @stack, 'C';

print pop @stack, "\n"; # C
print pop @stack, "\n"; # B
print pop @stack, "\n"; # A

※pushと組み合わせることで,簡単にスタックを実現できます。