PR
構文
 
  eval()
文字列
総合 インデックス
メソッド
FirefoxIE

説明

  • 文字列をJavaScriptのコードとして評価するビルトイン関数。
  • フォーム内の値は文字列なので,そのままではフォームに入力されたデータを計算で使用できない。このような場合は,「eval」関数を使って,文字列の内容を,数値や演算子として評価し,JavaScriptが扱えるようにしてから計算する必要がある。
  • 「eval」関数は,元々javaScript1.0ではビルトイン関数であった。それが,JavaScript1.1でメソッドとなり,JavaScript1.2では再びビルトイン関数になり,さらにJavaScript1.4からまたメソッドに戻った。しかし,JavaScript1.5からは,再度ビルトイン関数に戻っている。
  • サポートしているオブジェクト(配列)
  • すべてのオブジェクト

用例

フォーム「X」,「Y」に数値入力し,ボタンフォーム「計算!!」をクリックすると,フォーム「X」,「Y」を乗算した値をフォーム「Z」へ書き出す。
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html><head>
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<title>eval</title>
<script type="text/javascript">
function calc(CL) { CL.Z.value = eval(CL.X.value)*eval(CL.Y.value) }
</script>
<style type="text/css">
<!--
body { background-color: #ffffff; }
-->
</style>
</head>
<body>
*文字列をJavaScriptのコードとして評価する
<p>
<form name="Calc">
<input type="text" name="X" value="0" size="10">
*
<input type="text" name="Y" value="0" size="10">
=
<input type="text" name="Z" size="10">
</p><p>
<input type="button" value=" 計算!! " onclick="calc(this.form)">
<input type="reset" value=" Clear ">
</form>
</p>
</body></html>

この用例を実行する