PR
構文
 
 Mozilla系ブラウザ 変数.screenX
 Internet Explorer event.screenX
総合 インデックス
プロパティ
FirefoxIE

説明

  • イベントが発生したディスプレイ上のX座標の位置を値に持つプロパティ。
  • 単位はピクセル。

用例1

ブラウザ上でマウス・ボタンが押し下げられたときをイベントとしてとらえ,イベントのタイプとイベントが発生したディスプレイ上のX座標の値をアラート・ダイアログ・ボックスに表示する。Mozilla系ブラウザの場合。
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html><head>
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<title>screenX_Firefox</title>
<script type="text/javascript">
<!--
function eve(e) {
    alert (	"イベントのタイプ:" + e.type + "\n" +
        	"イベントが発生したディスプレイ上のX座標:
" + e.screenX ); return true; } document.onmousedown = eve; //--> </script> <style type="text/css"> <!-- body { background-color: #ffffff; } --> </style> </head> <body> *イベントが発生したディスプレイ上のX座標 </body></html>

この用例を実行する

用例2

ブラウザ上でマウス・ボタンが押し下げられたときをイベントとしてとらえ,イベントのタイプとイベントが発生したディスプレイ上のX座標の値をアラート・ダイアログ・ボックスに表示する。IEの場合。
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html><head>
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<title>screenX_InternetExplorer</title>
<script type="text/javascript">
<!--
function eve() {
    alert (	"イベントのタイプ:" + event.type + "\n" +
            "イベントが発生したディスプレイ上のX座標:
" + event.screenX ); return true; } document.onmousedown = eve; //--> </script> <style type="text/css"> <!-- body { background-color: #ffffff; } --> </style> </head> <body> *イベントが発生したディスプレイ上のX座標 </body></html>

この用例を実行する