PR
構文
 
  parent.frames[インデックス].プロパティ
インデクス
添番
総合 インデックス
プロパティ
Firefox IE

説明

  • JavaScriptでは,HTMLファイル上の「frame」要素の[0]から始まるframes配列を自動的に作成する。これにより,「frame」要素内で設定した「name」属性または「id」属性で参照する以外にも,配列でもフレームを特定できる。

用例

ボタンフォームをクリックした時,フレーム配列「frames[0]」のフレームに,HTMLファイルを読み込む。
【index.html】
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" >
<html><head>
<title>frames</title>
</head>
<frameset rows="*,100">
    <frame src="f1.html" name="f1">
    <frame src="f2.html" name="f2">
</frameset>
<noframes>
フレーム機能を使用しています。フレーム対応のブラウザで試して
ください(^_^)。 </noframes> </html> 【f1.html】 <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"> <html><head> <meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css"> <title>f1</title> <style type="text/css"> <!-- body { background-color: #ffffff; } --> </style> </head> <body> *フレーム配列 </body></html> 【f2.html】 <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"> <html><head> <meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript"> <meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css"> <title>f2</title> <script type="text/javascript"> <!-- function F_Array() { parent.frames[0].location.href="page1.html" } //--> </script> <style type="text/css"> <!-- body { background-color: #ffffff; } --> </style> </head> <body> <form> <input type="button" value=" フレーム配列で指定 " onClick=
"F_Array()"> </form> </body></html> 【page1.html】 <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"> <html><head> <meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css"> <title>page1</title> <style type="text/css"> <!-- body { background-color: #e0ffff; } --> </style> </head> <body> <h1>・配列で指定</h1> </body></html>

※HTMLファイル「index.html」で,「frame」要素を使って,2つの子フレームを作成しているので,各フレームは,HTMLファイル上の上から「parent.frames[0]」,「parent.frames[1]」で参照できる。「f2.html」で,「parent.frames[0].location.href="page1.html"」とすることにより,HTMLファイル上で一番始めに記述されているフレーム名「f1」のフレームに対し,「location」オブジェクトの「href」プロパティを使って,URIの値「page1.html」を設定している。これにより,フレーム配列「parent.frames[0]」のフレームに,HTMLファイル「page1.html」が読み込まれる。子フレームの指定は,用例のように,「parent.frames[インデックス]」と,親フレームから順を追って指定する。

この用例を実行する

関連事項

frameオブジェクト/parentプロパティ
locationオブジェクト/hrefプロパティ