PR
総合 インデックス

解説記事
・本「javascriptリファレンス」について
・javascriptの使い方入門

説明

  • イメージマップの定義やその情報を提供するオブジェクト。ページ上のリンクの「0」から始まる配列を作成し,その中に各リンクの情報を格納している。
  • HTMLの「area」要素を,JavaScriptのオブジェクトとして取り扱う。AreaオブジェクトはLinkオブジェクトのLinkの配列内に含まれる。このためオブジェクトの参照は,Linkオブジェクト同様,「document.links[インデックス]」となる。
  • Areaオブジェクトは,それ自体がdocumentオブジェクトのプロパティでもある。Areaオブジェクトを記述する場合,最上層のオブジェクトである「window」は,省略可能。
  • JavaScript1.1で追加されたオブジェクト。
構文
 
 (window.)document.links.length
 (window.)document.links[インデックス].プロパティ
 (window.)document.links[インデックス].メソッド(引数)

プロパティ
href イメージマップ・リンクのURIの値
protocol イメージマップ・リンクのプロトコルの値
hostname イメージマップ・リンクのホスト名の値
pathname イメージマップ・リンクのパス名の値
port イメージマップ・リンクのポート番号の値
host イメージマップ・リンクのホスト名とポート番号の値
search イメージマップ・リンクの問い合わせ文字列の値
target イメージマップ・リンクのトランジット属性の値
length オブジェクト(配列)の数
name オブジェクト名
メソッド
toString オブジェクトを文字列で返す
valueOf オブジェクト内の値を返す
toSource オブジェクト内の値を文字列で返す