PR
総合 インデックス

解説記事
・本「javascriptリファレンス」について
・javascriptの使い方入門

説明

  • 文字列の修飾や検索といった操作を実施するオブジェクト。
  • JavaScript1.1からnew演算子を使ってインスタンスを作成できるようになった

インスタンス(オブジェクト)の作成

(JavaScript1.1から)
 オブジェクト名=new String(文字列)

構文
 
 文字列.プロパティ
 文字列.メソッド(引数)

プロパティ
length オブジェクト(配列)の数
prototype 新たにプロパティを作成する
constructor オブジェクトの作成元
メソッド
anchor アンカーを設定する
big 文字を大きくする
blink 文字を点滅する
bold 文字を太文字(ボールド)にする
charAt n番目の文字を抜き出す
fixed 等幅文字にする
fontcolor フォントのカラーを設定する
fontsize フォントのサイズを指定する
indexOf 先頭から文字列を検索する
italics 斜体文字(イタリック体)にする
lastIndexOf 後ろから文字列を検索する
link リンクを設定する
small 文字を小さくする
split 文字列を分割する
strike 削除文字にする
sub 下付文字にする
substring 文字列の途中の文字を抜き出す
sup 上付文字にする
toLowerCase 大文字を小文字に変換する
toUpperCase 小文字を大文字に変換する
charCodeAt 指定した文字のISO-Latin-1のコード番号を返す
fromCharCode ISO-Latin-1のコード番号を文字に変換する
substr n番からm個の文字を抜き出す(JavaScript1.2)
toString オブジェクトを文字列で返す
valueOf オブジェクト内の値を返す
toSource オブジェクト内の値を文字列で返す