PR

構文

<object>
  <param>
  :
</object>

説明文

 <object>タグや<applet>タグでプログラムなどのオブジェクトを貼り付けることができる。この際,これプログラムに引数などといった設定内容を渡すことが可能だ。この値を渡す際に<param>で行える。

 <param>タグは<object>タグや<applet>タグ内に指定する。

サンプル

HTMLソース

<applet code="spec.class" width=400 height=300>
  <param name="CPU" value="Core i7">
  <param name="Freq" value="3.33G">
  <param name="Cache" value="8M">
</applet>

対応状況

HTML IE Firefox Opera
4 strict 4 Transitional 5 6 7 2 3 8 9

要素,タグ

タグ要素 オブジェクト・パラメータ
包括可能要素 無し
タグ記述条件 開始タグ:必須 終了タグ:無し

属性

属性 意味 対応
HTML 4s HTML 4t その他
id=ID タグのID。ダイナミックHTMLでタグを操作する場合や,Java Scriptでのタグの制御,個別にスタイルを指定する場合などに利用する  
name=名前 このパラメータに名前を付ける。受け渡したスクリプトで値を呼び出す際に識別する名前となる  
type=MIMEタイプ この属性は「valuetype="ref"」と指定した場合のみ利用が可能。value属性に指定したURLのファイル形式をMIMEタイプを指定する。例えば,JPEG画像の場合は「image/jpeg」,HTMLファイルの場合は「text/html」と指定する  
value=値 パラメータの値を指定する。この値はname属性で指定した名前と関連付けられる  
valuetype=種類 valueに指定した値の種別を指定する。「data」を指定した場合,valueには文字列が記載されていると認識される。「object」を指定した場合,同ページに存在する<object>のID属性を指定する。「ref」を指定した場合,参照先のURLを指定する。またこの際,type属性に指定したURLのファイル種別をMIMEタイプで指定する  

関連項目