PR
構文
 
 document.要素.style.overflow = "表示形式"  [DOM属性]
表示形式
 
 visible | hidden | scroll | auto
総合 インデックス
プロパティ
FirefoxIE

説明

  •  スタイルシートからあふれた部分の表示方法の値を持つ。後から「overflow」属性に値を設定することで,表示方法を変更することも可能。設定できる値のうち「scroll」はスクロールバーを出して表示し,「auto」は必要に応じてスクロールバーをだして表示し,「visible」はスタイルシートからはみ出して表示し,「hidden」ははみ出した部分を隠して表示する。
  •  スタイルシートでは,「overflow」プロパティにあたる。
  •  用例では,ボタンをクリックした時,id名「STY」を設定したdiv要素の表示形式の値を変更することで,スタイルシートからはみ出る部分の処理方法を変更している。

用例

ボタン・フォームをクリックした時「overflow」属性に値を設定することにより,id名「STY」を設定したdiv要素の要素からコンテンツがあふれた部分の表示方法が変わる。
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html><head>
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<title>overflow</title>
<script type="text/javascript">
<!--
function Over(VALUE){
    if(document.getElementById){
        document.getElementById("STY").style.overflow=VALUE
    }
}
//-->
</script>
<style type="text/css">
<!--
body { background-color: #ffffff; }
#STY { overflow: hidden;
        width: 200px;
        height: 120px;
        line-height: 2;
        color: #000000;
        background: tan;
}
-->
</style>
</head>
<body>
*スタイルシートからはみ出る部分の処理方法
<form name="FORM">
    <input type="button" value=" scroll " onClick="Over('scroll')">
    <input type="button" value=" auto " onClick="Over('auto')">
    <input type="button" value=" visible " onClick="Over('visible')">
    <input type="button" value=" hidden " onClick="Over('hidden')">
</form>
<div id="STY">
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ.
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ.
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ.
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ.
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ.
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ.
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ.
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ.
</div>
</body></html>

この用例を実行する