PR

 米Nielsenは3月5日,家庭用ゲーム機の利用状況に関する調査結果を発表した。それによると,ビデオ・ゲーム機を持つ一般家庭は,2004年第4四半期の3860世帯(テレビを所有する世帯の35.2%)から,2006年第4四半期の4570万世帯(同41.1%)と,2年間で18.5%増加した。同期間にテレビを所有する世帯数の伸び率は,1.6%にとどまっている。

 性別および年代別でゲーム機の所有率をみると,12~17歳が男女とも79.8%と最も高かった。2006年9月18日~12月31日に自宅でゲーム機を1回以上(1回の長さは1分以上)使用した人は,9380万人(米国人口全体の33%)に上った。

 NielsenでNielsen Wireless and Interactive Services部門のバイス・プレジデントを務めるJeff Herrmann氏によると,「ゲーム機は,高品質なデジタル映画やIPテレビを提供できるマルチメディア・ハブとしても一般家庭の人気商品となっている」という


■2006年第4四半期における家庭用ゲーム機の所有状況
----------------------------------------------------------------------
                        テレビ所有者      ゲーム機所有者   ゲーム機
                        (単位:千)    (単位:千)   導入率
                                                                 
所有世帯数                  111,400          45,774         41.1%

男女所有者合計              283,500         148,456         52.4%
2-11歳                       40,060          28,332         70.7%
12-17歳                      24,790          19,794         79.8%
18-34歳                      66,700          41,950         62.9%
35-49歳                      63,900          36,577         57.2%
50歳以上                     88,050          21,802         24.8%

男性所有者
2-11歳                       20,490          14,491         70.7%
12-17歳                      12,650          10,101         79.8%
18-34歳                      33,480          22,657         67.7%
35-49歳                      31,370          17,793         56.7%
50歳以上                     40,480          10,642         26.3%

女性所有者
2-11歳                       19,570          13,841         70.7%
12-17歳                      12,140           9,693         79.8%
18-34歳                      33,220          19,293         58.1%
35-49歳                      32,530          18,784         57.7%
50歳以上                     47,570          11,160         23.5%
------------------------------------------------------------------------
出典:Nielsen Media Research 

[発表資料へ]