PR

 米iSuppliは米国時間4月2日,2006年における携帯電話向けフラッシュ・メモリーの世界市場に関する調査結果を発表した。それによると,2006年の売上高は71億ドルで,前年の52億ドルと比べ16.4%増加した。

 サプライヤ別にみると,米Spansionが首位の座を米Intelから奪取した。Spansionの携帯電話向けNOR型フラッシュの売上高は18億ドルで,前年の14億ドルから35%増加。市場全体の成長率をほぼ2倍上回った。一方Intelの売上高は16億ドルで,前年の15億ドルと比べ5.1増にとどまった。

 Spansionの市場シェアが前年の25.8%から29.9%に拡大したのに対し,Intelのシェアは28.9%から26.1%に縮小した。

「Spansionの勝因は,トップ・メーカーへの販売増加と,日本を含むアジア太平洋地域での市場拡大だ。逆にIntelは,生産能力の問題が主にアジア市場への供給に影響を与えた」(iSuppli上級アナリストのMark DeVoss氏)


■2006年の世界携帯電話向けフラッシュ・メモリー市場における
サプライヤ別売上高(単位:100万ドル)

2006年                            2005年              2006年
の順位                       売上高   シェア     売上高   シェア
---------------------------------------------------------------------------------
  2     Spanion               1,356   25.8%      1,831   29.9%
  1     Intel                 1,520   28.9%      1,597   26.1%
  3     ST Microelectronics    763   14.5%       959   15.7%
  4     Samsung                627   11.9%        885   11.2%
  5     東芝                    434    8.2%        395    6.5%
  6     シャープ                206    3.9%        214    3.5%
  8    Micron Technology       103    2.0%        188    3.1%
  7     ルネサス テクノロジ     182    3.5%        150    2.4%
 ---------------------------------------------------------------------------------
出典:iSuppli

[発表資料へ]