PR

 日経マーケット・アクセスが,ITpro Researchモニターに登録している企業情報システム担当者を対象に行った調査で,2007年3月に導入したデスクトップ・パソコンのメーカーと台数を聞いた(複数回答)。

 購入製品のユーザー数のトップは,パソコン・サーバーと同じくデルが2006年10月調査(2006年9月導入実績)以来のトップを守り,7カ月連続の首位は今回も揺るがず。またも2位メーカーの2倍以上の回答数(115)で独走だ。2位~5位グループもサーバーと同じく,常連のNEC(55),富士通(52),日本HP(51),レノボ・ジャパン(33,日本IBMを加えて48)の4社が踵を接する形だ。

 購入台数は,前回2007年3月調査ではNECが首位。2007年1月調査(2006年12月導入実績)でNECがデルの4カ月連続首位を阻止して以来,1カ月毎にデルと首位を交代してきた。今回の2007年4月調査では“順番通り”デルが首位に返り咲き。台数でも2位の富士通以下に2倍以上の大差をつけている。

 デスクトップ・パソコンの1回答平均導入台数は,2007年1月調査(2006年12月導入実績)での86台弱を例外として,2007年2月調査が35台弱で,2006年12月調査が39台弱,前回2007年3月調査が32.0台と,あまり大きな変動がない。今回も1回答平均導入台数は約37台で,前回調査より約15%増えたとはいえ,年度末の影響は見られなかった。

◆注
 調査実施時期は2007年4月中旬,調査全体の有効回答は1688件,うち情報システム担当者の有効回答は783件。
 回答者の勤務先の情報システムの構成要素として,正式発注や契約など当該月に購入が確定したもののみが対象で,「過去に発注済みのパソコンが当該月になって納品されたもの」「回答者の個人用パソコンの購入」は除外している。
 前々回記事(2007年2月調査,2007年1月の導入実績)まで,「x社のデスクトップ・パソコンをy台導入した」という回答1件を,x社についての「購入製品のメーカー数」1件と表現してきたが,今回の記事から,x社についての「ユーザー数」1件という表現に変更した。つまり「ユーザー数イコール有効回答数」であり,導入したデスクトップ・パソコンの実利用者数を聞いたものではない。
 また,本調査では1企業・組織からの複数の回答を有効としている(「所属企業・組織で情報システムを担当している」と明示した回答者であれば,「全社情報システム部門」に限定せず,「事業所」や「部門」や「ワークグループ」の情報システム担当者も,有効な回答者として認めている。参照)ため,「ユーザー数イコール導入企業数」とは断言できない。
 2006年12月調査から「業種がコンピュータ関連で,当該メーカーの全導入台数の過半数を占める」大量一括導入の回答を集計対象外とした。今回の2007年4月調査では,集計対象から除外された大量一括導入回答はない。
 2006年9月調査(8月の導入実績)の結果は2006年10月31日付け記事,2006年10月調査(9月の導入実績)の結果は同12月5日付け記事,2006年11月調査(10月の導入実績)の結果は同12月22日付け記事,2006年12月調査(11月の導入実績)の結果は2007年1月26日付け記事,2007年1月調査(12月の導入実績)の結果は3月1日付け記事,2007年2月調査(2007年1月の導入実績)の結果は4月3日付け記事,2007年3月調査(2007年2月の導入実績)の結果は4月16日付け記事を参照。

図●前月(2007年3月)のデスクトップ・パソコンの導入台数(n=289)