PR

 米M:Metricsは,米Appleがまもなく発売するスマートフォン「iPhone」の認知度について調査した結果を米国時間6月15日に発表した。それによると,英国では携帯電話ユーザーの56%が,米国では64%がiPhoneを知っていた。そのうち購入意思が強い米国ユーザーは14%だった。

 iPhoneの販売では米AT&Tが5年間の独占契約を結んでいるが,iPhoneを購入する意欲のある米国ユーザーのうち67%は,AT&T以外のキャリア加入者だった。「iPhone導入で競合キャリアからのユーザー取り込みを狙うAT&Tの戦略は成功しそうだ」(M:Metrics上級副社長兼上級アナリストのMark Donovan氏)。

 ちなみにiPhoneを知っている英国携帯電話ユーザーのうち購入する意思が強いユーザーは28%にのぼる。Donovan氏は,英国では米国よりスマートフォンが2倍普及しているためと分析する。しかし「英国での販売価格や販売キャリアは未発表であることを考えると,これはたいへん高い数値だ」(同氏)。

■iPhone購入意欲のある携帯電話ユーザー

購入意欲の程度     購入意欲のある     iPhoneを    携帯電話
                      ユーザー       知っている  ユーザーに
                                     ユーザーに  占める割合
                                     占める割合
-----------------------------------------------------------
英国
10段階中1~4(低)   12,444,115          50%        28%
10段階中5~6(中)    5,529,019          22%        12%
10段階中7~10(高)   6,960,113          28%        16%

米国
10段階中1~4(低)   97,252,651          74%        47%
10段階中5~6(中)   15,780,356          12%         8%
10段階中7~10(高)  19,038,656          14%         9%
-----------------------------------------------------------
出典:M:Metrics

[発表資料へ]