PR

 米Jon Peddie Research(JPR)が米国時間7月30日,2007年第2四半期のパソコン向け世界グラフィックス・プロセサ(GPU)市場に関する調査結果を発表した。それによると,推定出荷数は8132万個で,前年同期の7353万個に比べ10.6%増,前期比3%増だったという。

 第2四半期は「コンピュータ業界が低迷する時期」(JPR)だが,出荷数2位の米NVIDIAは前年同期に比べ82.9%増の2648万個を出荷し,第1位の米Intel(3059万個,前年同期比3.1%増)との差を縮めた。第3位に入った米AMDの出荷数は1586万個で,同19.4%減となった。

 分野別ではノート・パソコン向けが成長を続け,出荷数は前年同期比31.2%増の2450万個だった。ノート・パソコン向けGPUの市場シェア1位はIntel(51.5%)で,NVIDIA(27%)とAMD(21%)が続く。

 一方デスクトップ・パソコン向けGPUは,NVIDIAが市場シェア43%で最も多かった。2位はIntelの38.5%,3位はAMDの23%。

■2007年第2四半期のGPU出荷数と市場シェア(単位:100万個)
================================================================
メーカー        2007年Q2              2006年Q2            成長率
           出荷数  市場シェア    出荷数  市場シェア
-----------------------------------------------------------------
AMD        15.86    19.5%       19.67    26.7%         -19.4%
Intel      30.59    37.6%       29.68    40.4%           3.1%
NVIDIA     26.48    32.6%       14.48    19.7%          82.9%
Matrox      0.13     0.2%        0.10     0.1%          30.0%
SiS         2.00     2.5%        3.33     4.5%         -39.9%
VIA/S3     6.26     7.7%        6.27     8.5%          -0.2%
-----------------------------------------------------------------
合計       81.32   100.0%       73.53   100.0%          10.6%
=================================================================
出典:JPR

[発表資料へ]