PR

 日経BPコンサルティングは8月2日,「携帯電話“個人利用”実態調査2007」の結果を発表した。事業者別の総合満足度は,au(KDDI)が2002年度の調査開始から初めて首位に立った。また,メーカー別の使用端末のシェアは2年連続でシャープが首位となった。調査は,全国の携帯電話/PHSユーザーを対象にWebアンケート形式で実施。調査期間は2007年6月13日から6月15日までで,1100の回答を得たという。

 事業者別の満足度調査では,現在使用している携帯電話の総合的な満足度と,通話機能や料金体系,デザインなど26項目についての満足度を調べた。総合満足度の首位は34.9ポイントをマークしたau。これに,24.0ポイントのウィルコム,17.9ポイントのNTTドコモ,13.4ポイントのソフトバンクモバイルと続いた。

 図1は,総合評価,通話品質,圏外の少なさ,本体価格,基本料金・通話料金,パケット代の6項目を指標化したもの。auは,圏外の少なさを強みにしていることが分かる。この項目では,auは調査開始の2002年度から6年連続で首位をキープしている。

図1●キャリア別携帯電話の満足度
各項目の満足度を「非常に満足」=100,「まあ満足」=50,「どちらともいえない」=0,「やや不満」=-50,「不満」=-100として加重平均値を算出した。
NTTドコモ(n=529)
  au(n=340)
NTTドコモ(n=529)   au(n=340)

ソフトバンク(n=200)
  ウィルコム(n=26)
ソフトバンク(n=200)   ウィルコム(n=26)

メーカー別シェアではNEC,パナソニックが続落

 ユーザーが使用している端末のメーカー別シェアでは,20.5%とシェアをさらに伸ばしたシャープが首位となった。2006年度調査で首位に立ってから2年連続となる。2位のNECとは7.1ポイントの差を付け,首位の座を盤石にしつつある(表1)。

表1●使用携帯電話端末のメーカーシェア
2007年6月 2006年5月 2005年2月
シャープ 20.5% シャープ 19.2% NEC 17.4%
NEC 13.4% NEC 15.9% シャープ 15.9%
パナソニック 11.8% パナソニック 13.2% パナソニック 14.9%
東芝 10.5% 東芝 12.7% 東芝 10.8%
ソニーエリクソン 7.1% 三洋電機 9.4% ソニーエリクソン 9.0%
三洋電機 6.5% ソニーエリクソン 5.4% 三洋電機 7.9%
三菱電機 6.5% 富士通 5.1% 三菱電機 6.3%
富士通 6.4% 京セラ 4.7% 富士通 4.2%
京セラ 6.2% 三菱電機 4.7% 京セラ 4.2%
カシオ 4.7% カシオ 3.4% カシオ 4.2%

 この調査では,かつての1位,2位であるNECとパナソニック モバイルコミュニケーションズの不振が目立った。2002年度の調査ではNECが23.9%,パナソニックが20.1%のシェアだった。しかし,今回の調査ではNECが13.4%,パナソニックが11.8%と,ともに10ポイント近くシェアを落としている。

[発表資料へ]
[携帯電話のデザイン・色に関する分析資料へ]