PR

 英Netcraftは現地時間8月8日,Webサーバーについての調査結果を発表した。それによると,米MicrosoftのWebサーバー・ソフトであるIIS(Internet Information Services)とPWS(Personal Web Server)を採用するサイトは前月から260万件増えて,4386万台に達しており,市場シェアは前月から1.4%拡大して34.2%となった。一方,オープンソースのApacheを採用するサイトは約99万件減少して6515万台となり,シェアは前月から1.7%縮小して48%となった。

 同社は2007年8月の調査で,1億2796万を超えるサイトからレスポンスを得た。レスポンス総数は,前月調査に比べて230万件増加したという。

 Apacheは,Netcraftが調査を開始した1996年3月以来,Webサーバー・ソフトウエアのシェアで首位を維持してきた。2005年11月には71%のWebサイトで採用されており,2位のMicrosoft IISのシェア(20.2%)に50%ポイント以上の差をつけていた。

 Netcraftは,Microsoftがこの成長ペースを持続した場合,2008年中にApacheに追いつく可能性があると指摘している。

発表資料へ