PR

 米IDCは米国時間8月8日,2007年第2四半期のハンドヘルド機器世界市場に関する調査結果を発表した。それによると,ハンドヘルド機器の出荷台数は72万台で,前年同期から43.5%減少した。前期からも21.8%減少しており,2期連続で出荷台数が100万台を下回った。

 米Dellが同市場から撤退したことを受け,ハンドヘルド・ベンダーはそれぞれ市場シェアを伸ばしている。しかし,ハンドヘルド機市場全体は,需要の低下や別の製品ラインに注力するベンダーなどの影響により,前年同期から規模が縮小している。

 ベンダー別にみると,米Palmは同市場で首位を維持した。出荷台数は3期連続で低下していたが,第2四半期の出荷台数は前期を上回り,2位の米Hewlett-Packard(HP)の約2倍を記録した。HPの出荷台数は,前期と前年同期を下回った。ほかのベンダーの出荷台数が低下する傾向にある中で,3位の台湾Mio Technologyの出荷台数は4期連続で前年同期を上回っている。

■2007年第2四半期における世界ハンドヘルド機市場のベンダー別出荷台数とシェア

順位 ベンダー   2007年Q2  2007年Q2   2006年Q2  2006年Q2   前年同期比
                出荷台数  市場シェア 出荷台数  市場シェア  伸び率
------------------------------------------------------------------------
1    Palm        317,300     44.1%    475,000   37.6%     -33.2%
2    HP          168,800     23.5%    260,000   20.6%     -35.1%
3    Mio          97,691     13.6%     91,700    7.3%       6.5%
4    Dell         23,975      3.3%    132,050   10.4%     -81.8%
5    Fujitsu      21,482      3.0%     28,529    2.3%     -24.7%
     Siemens 
     Computers
     その他       89,682    12.5%     277,404   21.9%     -67.7%
     合計        718,930   100.0%   1,264,683  100.0%     -43.2%
------------------------------------------------------------------------
出典:IDC,2007年8月8日

発表資料へ