PR

 英Sophosが発表したスパム・メールに関する調査結果によると,2007年第3四半期のスパム発信元は米国が全体の28.4%で引き続き最も多かった。ワースト2位は韓国の5.2%,ワースト3位は中国(香港を含む)の4.9%だった。

 2007年第2四半期を対象とした前回の調査では,米国(19.6%),中国(8.4%),韓国(6.5%)の順で,米国の状況悪化が止まらないことが分かる(関連記事:迷惑メールの2割は米国から、欧州発も増加中――ソフォス)。

 また2007年第3四半期は大規模なマルウエア攻撃があった。8月に続いたスパム・メールでのマルウエア攻撃である。スパムのメッセージにWebサイトのURLが記載してあり,ユーザーを攻撃用サイトに直接誘導しパソコンへの感染を図った。

 このほか,6月に登場したPDFスパムが,8月初めに急増して一時スパム全体の30%を占めた。ところが数週間後には,ほとんど消えてしまった。Sophosでは,攻撃者がPDFスパムで期待した効果を上げられなかったとみている。

■表1 国別のスパム・メール発信状況
==========================================
順位    国               全体に占める割合
------------------------------------------
1     米国                    28.4%
2     韓国                     5.2%
3     中国(香港を含む)       4.9%
4     ロシア                   4.4%
5     ブラジル                 3.7%
6     フランス                 3.6%
7     ドイツ                   3.4%
8     トルコ                   3.2%
9     ポーランド               2.7%
10    英国                     2.4%
11    ルーマニア               2.3%
12    メキシコ                 1.9%
------------------------------------------
--    その他                  33.9%
==========================================
出典:Sophos
■表2 大陸別のスパム・メール発信状況
===================================
順位    大陸      全体に占める割合
-----------------------------------
1       北米           32.3%
2       アジア         31.1%
3       欧州           24.8%
4       南米            9.1%
5       アフリカ        2.1%
-----------------------------------
-       その他          0.6%
===================================
出典:Sophos

[発表資料へ]