PR

 米comScoreは米国時間11月21日,米国における主要検索エンジンの利用状況に関する調査結果を発表した。それによると,2007年10月は「Google」がシェア58.5%で引き続き首位を獲得。前月からさらにシェアを1.5ポイント伸ばした。10月は全体の検索件数が増加しており,主要検索エンジンの5つで少なくとも検索件数が5%以上伸びた。

 Googleに続いて,2位となった「Yahoo!」はシェア22.9%(前月比0.8ポイント減)を獲得。3位は9.7%(同0.6ポイント減)の「Microsoft」と続いた。4位はシェアが前月と同じ4.7%の「Ask」,5位は4.2%(同0.1ポイント減)の「Time Warner」となった。

 米国ユーザーは2007年10月に,前月比12%増の約105億件の検索を実行した。Googleによる検索件数は同15%増の61億件,2位のYahoo!は同8%増の24億件だった。

■表1:2007年10月の米国における検索エンジン別市場シェア
(家庭,職場,大学ユーザーを含む)
======================================================
                  2007年9月   2007年10月    前月比
                   (%)      (%)   (増減ポイント)
------------------------------------------------------
Google              57.0        58.5          1.5
Yahoo!              23.7        22.9         -0.8
Microsoft           10.3         9.7         -0.6
Ask                  4.7         4.7          0.0
Time Warner          4.3         4.2         -0.1
合計               100.0       100.0          0.0
======================================================
出典:comScore
■表2:2007年10月の米国における検索エンジン別検索件数
(家庭,職場,大学ユーザーを含む)
=====================================================
                  2007年9月     2007年10月   前月比
                  (100万件)  (100万件)   (%)
-----------------------------------------------------
Google              5,356         6,151       14.8
Yahoo!              2,227         2,405        8.0
Microsoft             969         1,023        5.6
Ask                   444           491       10.7
Time Warner           405           443        9.4
合計                9,400        10,512       11.8
=====================================================
出典:comScore

発表資料へ