PR

 米comScoreは米国時間11月30日,米国におけるオンライン・ビデオ視聴に関する調査結果を発表した。それによると,2007年9月に米国インターネット利用者の74.8%(約1億3600万人)がオンライン・ビデオを視聴した。1人あたりの平均視聴時間は181分だった

 サイト別にみると,視聴ビデオ本数ベースではGoogleが約26億本(視聴ビデオ総数の28.3%)で首位。このうち25億本(同27.6%)はYouTube.comで視聴された。2位はFox Interactive Mediaで,視聴本数は3億8700万本(同4.2%)。3位はYahoo!の3億8100万本(同4.1%),4位はViacom Digitalの3億400万本(同3.3%)だった。

 視聴者ベースでも,Googleが視聴者数7160万人(視聴者総数の39.4%)とトップを維持した。2位に4120万人(同22.6%)のFox Interactive Media,3位に3960万人(21.7%)のYahoo!が続いた。

 視聴されたオンライン・ビデオ1本あたりの長さは平均2.7分で,視聴本数は1人あたり平均68本(1日あたり2本以上)だった。

[発表資料へ]