PR

 電気通信事業者協会(TCA)は12月7日,11月末時点の携帯電話とPHSの契約数を発表した。PHSを除く携帯電話の契約数は前月比0.3%増の9997万200。2007年中に1億契約を突破するのはほぼ確実となった。

 契約数を事業者別に見ると,NTTドコモが5302万9000で首位。これにKDDIの2941万6200,ソフトバンクモバイルの1740万2700が続く。イー・モバイルは四半期単位(3,6,9,12月末)に発表するため,11月末時点の数値ではなく,9月末時点の12万2300を全体の契約数に加算している。

 11月の携帯電話の純増数は,(1)ソフトバンクモバイル(前月比19万1600増),(2)KDDI(同6万5400増),(3)NTTドコモ(同4万8200増)の順。KDDIの純増数は,auブランドと新規加入受付を停止しているツーカーブランドを合計したものであり,内訳はauが前月比10万7200増,ツーカーが同4万1900減となっている。

 ソフトバンクモバイルは,これで7カ月連続で純増数トップをキープした。2007年の11カ月間では190万6200増。12月も10万近くの純増数を確保すれば,年間純増数は200万を突破することになる。なお,KDDIは11カ月間で219万600増,NTTドコモは同81万5800増となっている。

 PHSの契約数は前月比1.1%減の485万2600だった。このうち,ウィルコムが460万800で前月比2万1600の純減,2008年1月7日にサービス終了予定のNTTドコモは同3万4700減の25万1800。PHS全体では同5万6300減で,6カ月連続のマイナスとなった。

[発表資料へ]