PR

 米NPD Groupは米国時間12月19日,2007年第3四半期におけるデジタル音楽の利用状況についての調査結果を発表した。それによると,米AppleのMacintoshユーザーのうち,デジタル音楽をダウンロード購入した人の割合が50%だったのに対し,その他のPCユーザーはわずか16%だったという。

 音楽CDを購入した人は,Macユーザーで32%以上,PCユーザーでは28%と,CD購入に関しても顕著な違いがあった。また,MP3プレーヤで音楽を聴くMacユーザー(34%)がPCユーザー(16%)の2倍以上に達したほか,パソコンで音楽を聴くMacユーザー(56%)もPCユーザー(31%)を上回った。

 NPD Group副社長兼エンターテインメント業界アナリストのRuss Crupnick氏は,「Macユーザーはデジタル音楽を積極的に利用しており,PCユーザーよりCDの購入枚数も多い。デジタル音楽の利用者がCD購入に消極的という俗説が,誤りであることが証明された」としている。

 NPDによると,Appleのパソコン出荷台数の市場シェアは2006年の約6%から,2007年(1~10月)の約9%へと増加傾向にある。同氏は,「Appleのパソコンと『iPod』の順調な伸びが,デジタル音楽市場の原動力になる」と予測する。

[発表資料へ]