PR

 米Gartnerはインドで開催中の「Gartner India CIO Summit 2008」において現地時間2月6日,インドのICT(情報/通信/技術)市場について調査した結果を発表した。Gartnerは,同市場が「年平均成長率(CAGR)約20%で拡大し,2011年までに243億ドル規模に達する」と予測。この規模は,インドのGDP(国内総生産)の約2%に相当する。

 インドのICT市場の成長は,事業の成長と効率性の向上を目的として技術を導入する中堅・中小企業(SMB)の増加に加え,インドのCIO(最高情報責任者)による基本的なITインフラの構築および統合への取り組みによってけん引されるという。

■2006~2011年のインド国内IT市場におけるハードウエア,
  ソフトウエア,サービスのシェアの推移
----------------------------------------------------
                                      2006~2011年
                       2006年  2011年  CAGR(%) 
----------------------------------------------------
ハードウエア(%)     54.9    50.9     18.5 
ソフトウエア(%)      5.9     5.0     17.8
サービス    (%)     39.3    44.1     23.2
総ICT市場(100万ドル)9,632   24,313    20.4
----------------------------------------------------
出典:Gartner(2007年12月) 

 Gartnerによれば,インド企業の2008年IT予算の増加率は13%で,世界平均の3.3%を大きく上回っている。予算は,人材よりもハードウエアとソフトウエアに割り当てられている。現在インドのCIOは,成長を後押しするソリューションよりも標準的なソリューションの導入に予算を使っており,インフラが充実した後に人材への予算割当てが拡大するとみられる。

 インドのCIOに2008年におけるビジネス面での優先事項を尋ねたところ,1位は「ビジネスプロセスの改善」,2位が「新規顧客の獲得および保持」,3位が「新製品とサービスの開発」でトップ3は世界のCIOを対象に調べた結果と同じだった。

■2008年のインドと世界のCIOが挙げる
 ビジネスの優先事項トップ10
---------------------------------------------
優先事項                  インドの  世界の
                             順位     順位
---------------------------------------------
ビジネス・プロセスの改善       1        1
---------------------------------------------
新規顧客の獲得および保持       2        2
---------------------------------------------
新製品とサービスの開発         3        3
(イノベーション)
---------------------------------------------
企業コストの削減               4        5
---------------------------------------------
現行の顧客関係の拡大           5        7
---------------------------------------------
新市場と地域の拡大             6        4
---------------------------------------------
情報と分析の利用               7        8
---------------------------------------------
より効果的な顧客と市場の       8        9
ターゲット化
---------------------------------------------
企業と機能の買収               9       10
(合併買収など)
---------------------------------------------
新しい競争力源の作成          10        -
(新しい機能)
---------------------------------------------
人材効率の改善                 -        6
---------------------------------------------
出典:Gartner EXP (2008年1月) 

発表資料へ