PR
図1●スマートフォン利用者におけるスマートフォンの満足度
図1●スマートフォン利用者におけるスマートフォンの満足度
[画像のクリックで拡大表示]
図2●スマートフォンの認知度と利用率
図2●スマートフォンの認知度と利用率
[画像のクリックで拡大表示]

 インプレスR&Dが2008年2月22日に発表したスマートフォン利用動向に関する調査結果によると、スマートフォン利用者は携帯電話/PHSユーザー全体の2.8%しかいなかった。ただし、スマートフォン利用者の満足度は高く、50%が「どちらかといえば満足」、18%が「満足」と答えた(図1)。

 スマートフォン利用者を性別/年齢別にみると、利用率の高かったのは「10―40代男性」の5%。女性は最も利用率が高い「20代」でも2%にとどまった。

 携帯電話やPHSを法人契約している企業が使う端末の種類は、「一般消費者向けの携帯電話やPHS」が60%を占め、「スマートフォン」は8%だけだった。

 また、携帯電話/PHSユーザーのスマートフォン利用率は3%弱と少ないが、「知らない、わからない」という回答を除いたスマートフォンの認知率は3割を超えた(図2)。

■関連情報
インプレスR&DのWebサイト