PR
調査内容 業務システムの導入・更新・再構築計画(サーバーの利用環境)
調査時期 2008年2月中旬
調査対象 ITpro Researchモニターに登録している企業情報システム担当者
有効回答 3317件(1279件)
( )内は情報システム担当者の有効回答数


 日経マーケット・アクセスが企業の情報システム担当者を対象に2008年2月に実施した調査で,回答者が業務としてシステムを担当している分野について,「更新・再構築(刷新)後の次期システムの中核となるサーバーの物理的な台数(きょう体数,ラック数),消費電力,設置面積は,現行システムのそれぞれ何倍程度になる見込みか」を聞いたところ,台数,電力,面積のいずれの平均値でも「クライアント上の処理の集約(シンクライアント)」分野だけが突出して高い倍率となった。

 「シンクライアント」以外に提示した15の分野では,物理的な台数は1.1~1.3倍,消費電力は0.9~1.2倍,設置面積は0.8~1.2倍。「経営戦略支援(BI/DWH,社内ポータルなど)」分野が3要素とも平均1.2倍でこの中では高め。しかし概観するとどの分野も,刷新後のシステムのサーバーの諸元は,「現行システムと同程度の消費電力で,設置面積は1~2割減,台数は1~2割増」と言える。

 3月17日付けの記事で紹介したように,システム刷新後の性能需要は最小1.7倍(人事・給与)~最大2.9倍(経営戦略支援)という開きがあった。「シンクライアント」以外の各分野については,いずれもこの性能需要の増大の大部分をサーバーのプロセサ性能や主記憶容量の向上・増強で吸収し,台数は現行システムから1~2割増やす程度で実現する構想だと読み取れる。唯一「シンクライアント」(刷新後の性能需要平均は2.6倍)だけは,サーバー1台あたりの性能を現行の1.5倍~1.6倍どまりと想定して,台数を約1.7倍に増強するということになる。

■調査概要
 日経マーケット・アクセスが,ITpro Researchモニターに登録している企業情報システム担当者を対象に,業務システムの用途・目的として次の16種類を提示。その中から,回答者が現在システム担当業務(企画立案・設計・開発・運用・予算承認など)の中で,最も大きな比重を占めている用途・目的のシステムを最大3つまで選ぶよう求め,その3種の用途・目的のシステムについて,それぞれの今後の導入・更新・再構築の計画(時期と規模)について聞いた。
 提示したシステムの用途・目的は,「財務会計(単独)《台数回答率49.4%,消費電力回答率39.9%,設置面積回答率46.4%》」,「連結会計,管理会計《順に51.7%,42.7%,46.1%》」,「人事・給与《同52.8%,44.4%,49.1%》」,「販売・営業(管理・計数系)《同52.9%,42.1%,53.8%》」,「販売・営業(情報提供系)《同50.0%,41.0%,48.5%》」,「物流・在庫管理《同48.9%,40.5%,48.9%》」,「生産計画(グループ企業,協力企業を含む)《同49.0%,43.9%,51.6%》」,「調達・購買《同38.3%,37.4%,40.2%》」,「対外接続・データ交換・入力フロントエンド《同49.4%,46.9%,50.6%》」,「対外情報提供(Webサイトなど)《同55.7%,51.1%,56.3%》」,「内部システム間接続・統合(ESB,製品/顧客/部品表統合マスターDBなど)《同50.8%,46.2%,52.3%》」,「業務継続支援(バックアップ系など)《同55.9%,49.3%,56.9%》」,「業務統制・文書管理(ワークフローなど)《同48.8%,43.8%,47.8%》」,「経営戦略支援(BI/DWH,社内ポータルなど)《同50.4%,42.9%,48.9%》」,「情報流通・共有(メール,グループウエアなど)《同49.9%,42.1%,47.8%》」,「クライアント上の処理の集約(シンクライアント)《同52.3%,49.2%,52.3%》」の16種類である。
 上記の《》内の数字は,その用途・目的を「最も大きな比重を占めている(最大3つ)」に選んだ回答者のうち,「既に稼働していて更新・再構築の方針が明確になっているものについて,現行システムのサーバーの台数,消費電力,設置面積を1.0とした場合に,次の更新・再構築時に必要となる台数,消費電力,設置面積の倍率」を明示した(「わからない」や無回答としなかった)比率である。なお,「シンクライアント」の「消費電力」への有効回答は29票,「設置面積」への有効回答数は28票でともに30票に満たなかったため,参考値扱いである。
 本文中の「台数,消費電力,設置面積の平均」は,ともに「現行システムのサーバーの台数,消費電力,設置面積を1.0とした場合の比率」に対する選択式回答の「0.25未満」を0.125,「0.25以上~0.5未満」を0.375,「0.5以上~0.75未満」を0.625,「0.75以上~0.9未満」を0.825,「0.9以上~1.1未満」を1,「1.1以上~1.25未満」を1.175,「1.25以上~1.5未満」を1.375,「1.5以上~1.75未満」を1.625,「1.75以上~2.0未満」を1.875,「2.0以上~3.0未満」を2.5,「3.0以上」を3.5に換算して平均した。
 調査実施時期は2008年2月中旬,調査全体の有効回答は3317件,「所属する企業・組織で自社の情報システムにかかわる業務(企画立案・設計・開発・運用・予算承認など)を担当している」とした実質的な有効回答は1279件。

図●現行システムの更新・再構築時に,必要と見込まれるサーバーの利用環境(台数,消費電力,設置面積,現行を1.0とした場合の比率,2008年2月調査)