PR
調査内容 主要インテグレーター,システム関連ベンダーとの接触度
調査時期 2008年4月中旬
調査対象 ITpro Researchモニターに登録している企業情報システム担当者
有効回答 2920件(1136件)
( )内は情報システム担当者の有効回答数


 日経マーケット・アクセスが,ITpro Researchモニターに登録している企業情報システム担当者を対象に,国内の主な情報通信製品/サービス・ベンダーとシステム・インテグレーター(SIer)各68社のイメージを調査したところ,「自分の仕事(職務領域)と接点がある」と感じているベンダー/インテグレーターのトップは「マイクロソフト」(79.8%),2位は「NTT東日本/NTT西日本」(70.1%),3位は「デル」(61.8%)で,前回2008年1月調査前々回2007年10月調査と同じトップ3だった。

 特にマイクロソフトは初回の2006年10月調査(78.9%)から,2007年1月調査(75.7%),2007年4月調査(85.1%),2007年7月調査(88.8%),前々回(82.9%),前回(83.4%),今回まで,7回連続してのトップ。2位のNTT東日本/NTT西日本(前回74.4%,前々回77.5%),3位デル(前回57.4%,前々回58.0%)も前々回から3回連続で同順位を守っている。

「接点あり」の多くが「取引実績あり」のゼロックス,NTT東/西,NEC系SIer

 SIerとして回答者に評価を求めた企業の中で「接点がある」という評価で上位30社に入ったのは,前回調査と同じ「大塚商会」(46.3%,前回36.7%,前々回33.3%)と「NTTデータ」(37.3%,前回30.0%,前々回27.8%)の2社と,新たにNECフィールディング(31.3%,前回は24.2%で37位,SIerの中では4位)がランク入りした。

 今回から「接点がある」の内容を「取引/契約実績がある」,「商談等で接触した」,「商談等の接触はない」に3分割して聞いた。「取引/契約実績がある」は評価対象の全136社中,NTT東/西がトップで以下マイクロソフト,デルの順。SIerでは大塚商会,NECフィールディング,NTTデータの順で,ともに順位の入れ替わりはあるものの,「接点がある」全体の上位3社と同じ顔ぶれだった。

 「接点がある」とした回答者の中での「取引/契約実績がある」の比率で見ると,富士ゼロックスが全136社中トップの61.4%。次いでNTT東/西の60.8%,KDDIの59.7%。SIerではNECフィールディングの58.1%を筆頭にNECネッツエスアイが54.8%(n=377),大塚商会(48.8%)を挟んでNECソフトが47.9%(n=1095)と,NEC系SIerが上位に並んだ。

「商談どまりの接点」の上位はNEC,富士通,日立

 「商談等で接触した」率の全136社中トップ3には,NEC(12.6%),富士通(11.6%),日立製作所(11.4%)と奇しくも国産大手ベンダー3社が名を連ね,SIerでは大塚商会(10.2%)とNTTデータ(9.6%)の後に日立情報システムズ(n=1102)と富士通ビジネスシステム(n=1106)が7.7%で3番手に並んだ。

 「商談などでの接触経験はない(が,職務領域上は接点があると感じる)」と評されたのは,マイクロソフトの29.2%が136社中最大で,2位アドビ システムズの21.9%,3位日本オラクルの20.9%に大差を付けた。SIerではこれも大塚商会(13.5%),NTTデータ(12.5%)がトップ2だが,3番手にはNTT-ME(10.8%,n=1098)が入った。ちなみに図示した「接点がある」上位30社の中で,「接点がある」とした回答者の中での「接触経験はない」の比率は,シャープ(47.7%)がやや突出し,サン・マイクロシステムズ(42.9%),サイボウズ(41.8%),アドビ システムズ(41.5%)が2番手にほぼ横並びだった。

■調査概要
 日経マーケット・アクセスが,ITpro Researchモニターに登録している企業情報システム担当者を対象に,情報通信製品/サービス・ベンダーとSIerの主要企業各68社について,「自分の職務領域はこの企業と接点がある」と感じるか,「ない」と感じるかを聞いた。どちらも選ばなかった回答は有効回答数(図中のn)に含めていない。
 前回2008年1月調査まで,この設問の回答の選択肢は「接点がある」「ない」の二者択一としていたが,今回の2008年4月調査から「接点がある(取引/契約実績がある)」,「接点がある(商談等で接触した)」,「接点がある(商談等の接触はない)」,「接点はない」の四択とした。
 グラフには「接点がある」率上位30社を掲載した。評価対象のベンダー68社に対する「接点がある」という評価の平均は29.8%(前回2008年1月調査では31.3%)。インテグレータ(SIer)68社の平均は17.6%(同14.2%)だった。
 2008年4月調査で実施した評価対象ベンダー/インテグレータ(SIer)リストの主な変更点は以下の通り。ベンダーでは「イー・モバイル」「ブロケード コミュニケーションズ システムズ」「データ・アプリケーション」「インフォテリア」「アライドテレシス」の5社を追加し,インフォプリント・ソリューションズ・ジャパン,日本ストラタステクノロジー,日本テラデータ,BMCソフトウエア,インフォベックの5社を削除。SIerでは「IIJグループ」,「パナソニック システムソリューションズ ジャパン」,「アイネス」を追加し,SRA,アイ・ティ・フロンティア,シャープシステムプロダクトの3社を削除。そのほかTISに代えて「ITホールディングス」,日本ビジネスコンピューターに代えて「JBグループ」,日本電子計算に代えて「JBISグループ」を評価対象として提示した。
 評価対象企業全136社のリストは,本調査の設問の原文とともに,日経マーケット・アクセスの有償会員向けサイト「日経MA-INDEX 企業情報システム」で近日中に公開する予定。
 調査実施時期は2008年4月中旬,調査全体の有効回答は2920件,「所属する企業・組織で自社の情報システムにかかわる業務(企画立案・設計・開発・運用・予算承認など)を担当している」とした実質的な有効回答は1136件。

図●「職務(情報システム業務)で接点がある」と感じるシステム・インテグレーター,システム関連ベンダー(上位30社)