PR

 米Nielsen Onlineは2008年7月14日,米国におけるWebサイトのアクセス・ランキングを発表した。6月にユニーク・ビジターが最も多かったのは米Google(1億2800万人)。これに米Microsoft(1億2300万人)と米Yahoo!(1億1340万人)が続いた。

表1 2008年6月の企業/部門別のアクセス状況トップ10(米国の家庭と職場)

順位 企業/部門ユニーク・ビジター数(1000人) 1ビジターあたり滞在時間(時:分:秒)
1Google 128,029 1:50:16
2Microsoft 123,021 2:12:38
3Yahoo! 113,439 3:07:47
4Time Warner(部門) 99,494 3:23:24
5News Corp. Online 80,606 1:55:40
6InterActiveCorp 63,935 0:20:22
7eBay 62,767 1:47:53
8Wikimedia Foundation 52,836 0:21:09
9Amazon 52,060 0:28:03
10Apple 49,911 1:08:33
注)Time Warner(部門)はTurner Networkのビジター数を除く
出典:Nielsen Online

 ビジター1人あたりの滞在時間で見ると,3社のうち最も長かったのはYahoo!(3時間8分)。次いでMicrosoft(2時間13分),Google(1時間50分)だった。

 前月のユニーク・ビジター数は,Googleが1億2760万人,Microsoftが1億2330万人,Yahoo!が1億1560万人。また,ビジター1人あたりの滞在時間はYahoo!が3時間13分,Microsoftが2時間16分,Googleは1時間49分だった(前月調査結果のPDF参照)。

 なお,6月のWebブランド別ユニーク・ビジター数は,トップ6のうち5つをGoogle,Yahoo!,Microsoft傘下のサイトが占めた。

表2 2008年6月のWebブランド別のアクセス状況トップ10(米国の家庭と職場)

順位 ブランドユニーク・ビジター数(1000人) 1ビジターあたり滞在時間(時:分:秒)
1Google 120,496 1:17:09
2Yahoo! 113,187 3:06:57
3MSN/Windows Live 99,747 2:05:25
4Microsoft 93,786 0:40:11
5AOL Media Network 91,167 3:35:11
6YouTube 71,398 0:55:59
7Fox Interactive Media 70,039 2:04:36
8Wikipedia 52,747 0:21:01
9eBay 52,509 1:51:34
10Apple 49,911 1:08:33
出典:Nielsen Online

[発表資料(PDF形式)]