PR

 調査会社の米Gartnerは米国時間2008年7月23日,世界ITサービス市場に関する調査結果を発表した。それによると,同年の世界ITサービス売上高は前年比9.5%増加して8190億ドルを上回ると予測。また,2012年までに同市場が1兆ドルを上回る規模に成長すると見込んでいる。

 2008年第1四半期は,トップ9のプロバイダの業績が予測を上回ったため,数社の主要プロバイダは楽観的な年内見通しを立てていた。しかし,Gartnerが同年5月に開催したアウトソーシング関連イベント「Gartner Outsourcing Summit」では,一部のプロバイダがアウトソーシング契約の締結遅れや,保留状態になっているプロジェクトがあることを報告している。

 分野別に見ると,主要アウトソーシングである「IT管理」および「プロセス管理」は引き続き最も成長が著しく,2008年は両分野合計でITサービス売上高の約42%を占める。また,「コンサルティング」と「開発/統合」は,コスト削減,生産性の向上,売上増加などのニーズに後押しされて引き続き着実に伸び,2008年は両分野合計の売上高が前年比10.1%増の3270億ドルに達すると予測されている。

世界ITサービス市場の分野別売上高予測(単位:100万ドル)

分野 2007年 2008年 2009年
コンサルティング64,656 71,002 75,500
開発/統合232,452 256,045 272,356
IT管理201,222 220,606 234,433
プロセス管理110,694 121,353 132,250
ハードウエア・サポート89,654 94,691 97,269
ソフトウエア・サポート49,346 55,409 60,636
合計748,025 819,106 872,454
出典:Gartner(2008年7月)

発表資料へ