PR
図1
図1
[画像のクリックで拡大表示]
図2、図3
図2、図3
[画像のクリックで拡大表示]
図4
図4
[画像のクリックで拡大表示]

 マイボイスコムが発表した、アップルの携帯電話機「iPhone 3G」の利用に関する調査によると、iPhone所有者が一番気に入っている点は「Web閲覧」で、最も不満を感じているのは「使用料金」だった。

 調査対象者のうち、iPhoneを所有している人は0.5%だった。購入予定のある人が1.0%、購入したいが具体的な予定はないという人が18.1%と購入意向のある回答者がほぼ2割となった一方で、購入したいと思わないと答えた人も69.7%いた。(図1)。

 iPhoneの所有者にiPhoneの良い点について尋ねたところ、「Web閲覧」(46%)、「iPod機能」(39%)、「デザイン」(37%)という回答が多かった(図2)。一方、不満点のトップ3は「使用料金が高い」(37%)、「端末価格が高い」(29%)、「バッテリーの消耗が早い」(28%)だった(図3)。

 iPhone購入時にソフトバンクモバイルのユーザーだった人は57%で、他社携帯電話のユーザーだった人は37%だった。また、ほかの携帯電話機からの機種変更により購入した人は58%、所有している携帯電話機と別に2台目として新規購入した人は35%だった。

 購入希望者にiPhoneの魅力について聞いたところ、「タッチパネル」(58%)、「iPod機能」(48%)、「Web閲覧」(48%)、「デザイン」(40%)といった回答が上位を占めた(図4)。また、購入した場合の利用方法では、「iPhoneのみを利用したい」(68%)という回答が「iPhoneを含めて複数台所有し、使い分けて利用したい」(19%)を大きく上回った。

 iPhoneの評判に関する自由回答では、「うらやましがられる」「デザインが良い」「画面が大きくて写真や動画が見やすい」という好意的な意見がある一方で、「ワンセグやおサイフケータイに対応していないのは辛い」「実際に持っている人は少ない」「評判を聞かない」という意見もあった。

 調査は同社のモニター登録メンバーを対象に、2008年8月1日―8月5日にWebで実施した。有効回答数は1万5115人。性別内訳は、男性46%、女性54%。年齢は30―40歳が66%を占める。

■関連情報
・マイボイスコムのWebサイト http://www.myvoice.co.jp/