PR

 日本ブランド戦略研究所の調査によると、日本企業のWebサイトのうち価値が最も高いのはトヨタ自動車で、評価額は1422億円となり、7年連続トップだった。次いで全日本空輸(ANA)が1091億円。以下は本田技研工業(ホンダ)が866億円、日本航空(JAL)が764億円、松下(電器産業/電工)が713億円となった。

 JAL、ANAに加え運輸/レジャー分野の企業は評価額の高いサイトが多く、JTBが575億300万円で7位、JR東海が552億1600万円で9位、JR東日本が503億8100万円で10位、日本郵政グループの日本郵便(郵便事業)が387億700万円で12位、東京ディズニーリゾートが299億円で16位となった。

 また情報/通信分野の企業をみると、NTTドコモが658億4700万円で6位となったほか、au(KDDI)が384億800万円で13位、フレッツ(NTT東日本)が329億6600万円で15位に入った。自動車分野からはトヨタ、ホンダに加え、日産自動車が557億200万円で8位となった。

 趣味/娯楽分野からはベネッセコーポレーションが283億5400万円で19位、食品/飲料分野からはキリン(ビール・ビバレッジ)が368億6800万円で14位、サントリーが274億4500万円で20位に入った。流通分野ではユニクロが291億5300万円で17位だった。金融分野からは野村証券が496億7900万円で11位、大和証券が286億2200万円で18位に入った。

 調査は合計11分野の大企業255社を対象に行った。6月に約1万9100人の消費者にアンケートを実施し、サイトごとのアクセス状況、好感度、商品購入に与える効果、商品購入後の利用などを調べた。併せて各社の決算報告書を調査し、サイトが事業に貢献した度合いを推計した。

表●Webサイト価値ランキング
順位企業名・ブランド名Webサイト価値
(百万円)
1トヨタ自動車142,178
2全日空(ANA)109,113
3本田技研工業(ホンダ)86,562
4日本航空(JAL)76,446
5松下(電器産業・電工)71,347
6NTTドコモ65,847
7JTB57,503
8日産自動車55,702
9JR東海55,216
10JR東日本50,381
11野村證券49,679
12日本郵便38,707
13au(KDDI)38,408
14キリン(ビール・ビバレッジ)36,868
15フレッツ(NTT東日本)32,966
16東京ディズニーリゾート29,900
17ユニクロ29,153
18大和證券28,622
19ベネッセコーポレーション28,354
20サントリー27,445

■関連情報
・日本ブランド戦略研究所のWebサイト http://japanbrand.jp/