PR

 市場調査会社の米Ipsos Insightは米国時間2008年10月8日,デジタル音楽配信サービスに関する調査結果を発表した。それによると,米Appleの「iTunes Store」が圧倒的な人気を保っているものの,米Rhapsody Americaと米Amazon.comのサービスもユーザーの認知度や使用頻度が向上するなど健闘しているという。

 iTunes Storeは,認知度,使用頻度,親しみやすさ,ブランド力のすべてにおいて成長し,相変わらずトップに君臨している。同調査をまとめたKarl Joyce氏は,競争激化にもかかわらずiTunes Storeが優勢を維持している理由を,ユーザーの要求が以前に増して厳しくなったためと分析する。「消費者のあらゆるニーズに応えることができる安定したブランドは,付加価値を提供することができないマイナーなブランドに比べて有利な立場にある」(同氏)。

 iTunes Store以外で認知度,使用頻度,好感度の評価が伸びたのは「Rhapsody」。精力的な広告展開のほか,米MTV Networksや米Verizon Wirelessとの提携,ストリーミング・サービスへの注力といった独自戦略を打ち出したことが奏功した。

 Amazon.comが今年サービスを開始したばかりの「Amazon MP3」は,認知度,使用頻度,好感度,ブランド力において,iTunes Store以外の大手サービスに匹敵するなど,好調な滑り出しを見せた。またユーザーの満足度については,iTunes Storeと肩を並べる高評価を獲得した。

 Joyce氏は,「Amazon MP3は,DRM(デジタル著作権管理)フリーの楽曲提供に関し,4大レコード会社すべてと契約して順調なスタートを切った。またRhapsodyの成功は,認知度向上がブランド力を後押しすることを示した好例だ」と述べている。

 この調査は2008年7月15~28日,デジタル音楽配信サービスを利用している12歳以上の米国ユーザー1249人を対象に実施された。