PR

 米IDCは米国時間2008年12月5日,同年第3四半期の外部ディスク・ストレージ世界市場に関する調査結果を発表した。それによると,工場出荷時売上高は前年同期比8.8%増の49億ドルだった。

 米EMCがシェア23%で首位を維持し,米IBM(シェア12.7%),米Hewlett-Packard(HP)(同12.5%)がこれに続いた。4位以下は,米Dell(同9.1%),米NetApp(同8.2%),日立製作所(同8%)となった。上位5メーカーのうち,前年同期から最も売上高を伸ばしたのはEMCとNetAppで,それぞれ16.2%と13.8%増収した。

 IDCストレージ・システムズ部門リサーチ・マネージャのNatalya Yezhkova氏は「パソコンやサーバー・システムなど様々なIT分野ですでに経済混乱の影響が出始めているが,外部ディスク・ストレージ市場は堅調な成長を維持している。ストレージは,不況時でもユーザーが経費を削減したがらない数少ないハードウエアの1つのようだ」と分析している。

表1●2008年第3四半期における外部ディスク・ストレージ・システム世界市場のメーカー別工場出荷時売上高
(単位:100万ドル)
メーカー 08年Q3
売上高
08年Q3
市場シェア
07年Q3
売上高
08年Q7
市場シェア
成長率
EMC $1,120 23.0% $964 21.6% 16.2%
IBM $616 12.7% $618 13.8% -0.3%
HP $608 12.5% $589 13.2% 3.3%
Dell $444 9.1% $409 9.1% 8.6%
NetApp $398 8.2% $350 7.8% 13.8%
日立 $389 8.0% $380 8.5% 2.4%
その他 $1,284 26.4% $1,158 25.9% 10.9%
合計 $4,859 100.0% $4,467 100.0% 8.8%
出典:IDC(2008年12月5日)

 ディスク・ストレージ・システム市場全体をみると,2008年第3四半期の工場出荷時売上高は,前年同期比1.1%増の66億ドルだった。出荷容量は2170P(ペタ)バイトで,前年同期と比べ41.7%拡大した。売上高ベースでは,HP(市場シェア19.8%)が首位で,2位EMC(同16.9%),3位IBM(同15.2%)となった。

表2●2008年第3四半期におけるディスク・ストレージ・システム世界市場全体のメーカー別工場出荷時売上高
(単位:100万ドル)
メーカー 08年Q3
売上高
08年Q3
市場シェア
07年Q3
売上高
08年Q7
市場シェア
成長率
HP $1,318 19.8% $1,325 20.2% -0.5%
EMC $1,120 16.9% $964 14.7% 16.2%
IBM $1,011 15.2% $1,235 18.8% -18.1%
Dell $690 10.4% $756 11.5% -8.7%
日立 $400 6.0% $391 5.9% 2.3%
NetApp $398 6.0% $350 5.3% 13.8%
その他 $1,707 25.7% $1,553 23.6% 9.9%
合計 $6,644 100.0% $6,574 100.0% 1.1%
出典:IDC(2008年12月5日)

[発表資料へ]