PR

 シマンテックは2008年12月17日、ネットユーザーを対象に実施した、オンライン詐欺(ネット詐欺)に関するアンケート調査の結果を公表した。それによると、回答者の4人に1人が、「オンライン詐欺の被害に遭ったことがある」あるいは「被害に遭っているかもしれない」と答えたという。

 今回のアンケート調査はWeb上で実施。対象は、インターネット利用歴3年以上で、15歳以上のユーザー1000名。調査時期は2008年10月。

 オンライン詐欺の被害に関する設問では、「実際にオンライン詐欺に遭った、あるいは、だまされて個人情報を聞き出されてしまったなどの経験がある」あるいは「ひょっとしたら何かの被害に遭っているかもしれない」と答えたユーザーは、全体のおよそ4分の1だった。

 対策に関する問いでは、「オンライン詐欺対策に関して正しく理解をしている」と回答したユーザーは24.3%。「たぶん大丈夫」と回答したユーザーを含めると全体の33.3%。

 以前から心がけている対策としては、「安全だと確信できるWebサイトでしか買い物をしない」が72.3%、「セキュリティ対策ソフトなどの導入」が54.1%だったという(複数回答)。