PR

 米J.D. Power and Associatesは米国時間2009年1月22日,自動車メーカーのWebサイトの使いやすさに関するユーザー調査結果を発表した。それによると,1位は本田技研工業(ホンダ)で,1000点満点で882点という評価を得た。次いでドイツPorsche(867点),三菱自動車工業(866点),韓国Kia Motors(865点),ホンダの北米販売チャネルであるAcura(862点)と続いた。

 この調査は,2年以内に新車購入を検討しているユーザー約1万1400人を対象に,2008年11月に実施された。新車購入に際して情報収集手段としての使いやすさを,「外観」「速度」「ナビゲーション」「情報/コンテンツ」の4つの観点から評価してもらった。

 自動車メーカー全体で見ると,サイト評価は2008年6月の前回調査から9ポイント低下した。これは,10年前に調査を開始して以来,最大の下げ幅だという。評価の低下が最も顕著だったのは,情報/コンテンツのうち「分割払いの月額の計算」と「他の自動車との比較」の各機能。「景気悪化により,ユーザーはこうした機能を以前よりも重視するようになっている」(J.D. Power and Associatesマーケティング/メディア・リサーチ部門上級マネージャのScott Kane氏)。

 自動車メーカーのWebサイトは,マーケティング予算の削減により,ユーザー・ニーズに応えるのが困難になってきている。例えば,一部の自動車メーカーは,新モデルを発表した際にサイトに掲載する画像や動画の数を少なくしたという。しかしKane氏は,「Webサイトのデザイン改善によって,売り上げや投資効果を向上させることも可能だ」と指摘している。