PR

 米comScoreは英国時間2009年1月23日,世界のインターネット利用動向に関する調査結果を発表した。それによると,2008年12月における15歳以上の世界インターネット人口(家庭および職場からのアクセスを含む)は10億773万人で,初めて10億人を突破した。

 インターネット利用者を地域別に見ると,アジア太平洋地域が4億1630万人と最も多く,全体の41.3%を占めた。以下,欧州(シェア28%),北米(同18.4%),中南米(同7.4%),中東・アフリカ(同4.8%)と続いた。国別のトップ5は,中国(シェア17.8%),米国(同16.2%),日本(同6%),ドイツ(同3.7%),英国(同3.6%)だった。

表1●2008年12月の地域別インターネット利用者数(15歳以上)
地域 利用者数
(1000人)
シェア
利用者総数 1,007,730 100.0%
アジア太平洋地域 416,281 41.3%
欧州 282,651 28.0%
北米 185,109 18.4%
中南米 74,906 7.4%
中東・アフリカ 48,783 4.8%
注:インターネット・カフェおよびモバイル機器からの利用を除く
出典:comScore
表2●2008年12月の国別インターネット利用者数(15歳以上)
利用者数
(1000人)
シェア
利用者総数 1,007,730 100.0%
中国 179,710 17.8%
米国 163,300 16.2%
日本 59,993 6.0%
ドイツ 36,992 3.7%
英国 36,664 3.6%
フランス 34,010 3.4%
インド 32,099 3.2%
ロシア 28,998 2.9%
ブラジル 27,688 2.7%
韓国 27,254 2.7%
カナダ 21,809 2.2%
イタリア 20,780 2.1%
スペイン 17,893 1.8%
メキシコ 12,486 1.2%
オランダ 11,812 1.2%
注:インターネット・カフェおよびモバイル機器からの利用を除く
出典:comScore

 世界のユーザーが訪問するWebサイトをユニーク・ビジター数でみると,Googleが7億7790万人で1位になった。2位はMicrosoft(6億4790万人),3位はYahoo!(5億6260万人)だった。7位のFacebook(2億2180万人)は2008年にユニーク・ビジター数が127%増加し,世界で最も利用されているSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)サイトになった。

表3●2008年12月のWebサイト別ユニーク・ビジター数(15歳以上)
Webサイト ユニーク・ビジター数
(1000人)
リーチ率
インターネット人口 1,007,730 100.0%
Google Sites 775,980 77.0%
Microsoft Sites 646,915 64.2%
Yahoo! Sites 562,571 55.8%
AOL LLC 273,020 27.1%
Wikimedia Foundation Sites 272,998 27.1%
eBay 240,947 23.9%
Facebook.com 221,791 22.0%
Amazon Sites 187,354 18.6%
CBS Corporation 178,844 17.7%
Fox Interactive Media 172,841 17.2%
Ask Network 164,513 16.3%
Apple Inc. 161,500 16.0%
Tencent Inc. 158,617 15.7%
Baidu.com Inc. 152,447 15.1%
Adobe Sites 123,623 12.3%
注:インターネット・カフェおよびモバイル機器からの利用を除く
出典:comScore

[発表資料へ]