PR

 米IDCは米国時間2009年2月25日,世界サーバー市場に関する調査結果を発表した。それによると,2008年第4四半期は,工場出荷時の売上高が前年同期比14.0%減の135億ドルで,2四半期連続で縮小した。出荷台数も同12.0%減少した。

 2008年通期では,売上高が前年比3.3%減の533億ドル,出荷台数が同2.0%増の810万台だった。通期の出荷台数が800万台を超えるのは初めてで,仮想化技術の普及が物理サーバーに対する需要を鈍化させるには至っていない。

 第4四半期はボリューム・サーバーの落ち込みが最も大きく,売上高が前年同期と比べ16.8%減少した。ミッドレンジ・サーバーは同14.5%減,ハイエンド・サーバーは同7.5%減だった。3分野すべての売上高が前年同期を下回るのは,2002年以来のこと。同社は,第4四半期に景況がさらに悪化したためと分析している。

 メーカー別にみると,米IBMが売上高ベースの市場シェア36.3%を獲得してトップを維持したが,前年同期と比べ15.0%減収した。2位は市場シェア29.0%の米Hewlett-Packard(HP)。売上高は同10.1%落ち込んだ。米Dellが市場シェア10.6%で3位につけたものの,売上高は同9.9%減少した。

 OS別にみると,UNIXサーバーの売上高が前年同期比6.2%減の49億ドルで,サーバー市場全体の36.2%を占めた。Windowsサーバーは同17.8%減の48億ドルで,全体で占める割合は35.3%。Linuxサーバーは同7.0%減の18億ドル。市場全体の13.6%を占め,前年同期から1ポイント以上伸びた。

 x86サーバーは売上高が前年同期比17.0%減の65億ドル。出荷台数は同11.7%減少した。ブレード・サーバーは売上高が同16.1%増の14億ドルで,出荷台数は同12.1拡大した。

 IDC,Enterprise Platforms Groupバイス・プレジデントのMatthew Eastwood氏は,「市場はさらなる落ち込みをみせ,回復に向かうのは2009年末から2010年初頭になるだろう。短期的には,コストを抑えながらサーバーの運用効率を上げるために,ITインフラを最適化できるROI(投資回収率)に優れた仮想化や統合,移行プロジェクトに力を入れる企業が増える」と予測した。


■2008年第4四半期における世界サーバー市場のメーカー別工場出荷時売上高
(単位:100万ドル)

                          2008年Q4               2007年Q4        成長率
----------------------------------------------------------------------------
                      売上高   市場シェア   売上高   市場シェア

1. IBM                $4,895    36.3%     $5,757     36.7%    -15.0%
2. Hewlett-Packard    $3,914    29.0%     $4,355     27.8%    -10.1%
3. Dell               $1,424    10.6%     $1,580     10.1%     -9.9%
4. Sun                $1,252     9.3%     $1,458      9.3%    -14.1%
5. 富士通/FSC          $567     4.2%       $666      4.3%    -14.9%
その他                $1,422    10.6%     $1,858     11.9%    -23.5%                                                                                                                                                合計                 $13,475   100.0%    $15,674    100.0%    -14.0%
----------------------------------------------------------------------------
出典:IDC,2009年2月

[発表資料へ]