PR

 市場調査会社の米DisplaySearchは米国時間2009年4月1日,2009年に小型ノート・パソコン(ネットブック)の出荷台数が2700万台を超え,前年に比べ66%増えるとする予測を発表した。景気低迷で消費者が支出を抑えるため,低価格なネットブックに人気が集まるとしている。従来型ノート・パソコンの出荷台数は1億3300万台で,前年比3%増にとどまる見込み。

 価格の安さで出荷台数を伸ばしているネットブックだが,経済危機が終われば高機能でより高価なノート・パソコンの需要が戻ると同社はみる。ネットブックは長期的にノート・パソコン市場に変革を促し続けるものの,ノート・パソコンに置き換わる存在にはならないという。

 今後ネットブックはディスプレイ・パネル低価格化の恩恵を受け,実売価格を保ったまま画面サイズが現在の7~8.9インチから8.9~10インチに拡大する。


■ノート・パソコン市場の年平均成長率の予測(2008~2012年)
===============================================================================
地域                    小型ノートPC              ノートPC        ノートPC全体
                 (5.0~10.2インチ画面) (10.4~20.0インチ画面)
-------------------------------------------------------------------------------
アジア太平洋地域           29.4%                   17.7%            19.5%
欧州/中東/アフリカ       26.9%                    7.5%            10.7%
中国/台湾                 50.7%                   24.2%            27.1%
日本                        2.6%                    4.2%             4.0%
中南米                     28.6%                   31.9%            31.3%
北米                       12.6%                    4.6%             5.4%
全世界                     25.4%                   10.9%            13.0%
===============================================================================
出典:DisplaySearch

[発表資料へ]