PR
図●国内ワークステーション市場出荷台数のベンダー別シェア
図●国内ワークステーション市場出荷台数のベンダー別シェア
[画像のクリックで拡大表示]

 IDC Japanは2009年5月14日,2008年の国内ワークステーションの出荷台数が前年比4.0%減の24万9000台となり,2002年以来6年ぶりのマイナス成長になったと発表した。出荷金額は,同10.4%減の581億円だった。ベンダー別のシェアでは,日本HPがデルを抜いて初めて出荷台数でトップになった。

 2008年の第1~第2四半期は,それぞれの四半期としては過去最高の出荷台数を記録した。上半期に製造業で過去最高の収益を記録した企業が多かったため,ワークステーションへの投資も大きく伸びた。しかし第3~第4四半期は景気の悪化から一転して出荷が落ち込んだ。

 業種別に見ると,上半期では製造業や金融業からの需要が旺盛だったのに対し,下半期ではこれらの業種からの需要は激減した。一方,景気の影響を比較的受けにくい官公庁や医療,教育などの業種からの需要は堅調に推移した。

 ベンダー別では,日本HPが初めて出荷台数でトップになった。レノボ・ジャパンがデスクトップワークステーションに参入する一方,日本IBMは同市場から撤退。「顧客層や販売方法が日本IBMと似ている日本HPが,そのシェアを引き継いだ格好になった。これによって,2007年までトップだったデルを抜いて日本HPがトップに立った」と,IDCは見ている。今後5年間は年平均2.2%成長し,2013年の出荷台数は27万7000台になると,同社は予測する。