PR
図●2009年第1四半期の国内PC出荷台数のベンダーシェア
図●2009年第1四半期の国内PC出荷台数のベンダーシェア
[画像のクリックで拡大表示]

 IDC Japanは2009年5月20日,2009年第1四半期(1月~3月)の国内PC市場調査の速報を発表した。当期の国内PC出荷台数は前年同期比9.8%減の378万台となった。ビジネス市場が景気悪化の影響を受けて前年実績を大きく割り込んだのに対し,家庭市場はミニノートPCの出荷が好調で前年同期比5.3%増の169万台となった。

 家庭市場のうちミニノートPCの当期の出荷台数は,2008年第4四半期(前四半期)とほぼ同じ42万台と堅調だった。ただし,ミニノートPCを含むポータブルPC全体の出荷台数は,前年同期比18.1%増にとどまった。2008年第4四半期が前年同期比59.7%増だったのに比べると大きく減速した。一方,ビジネス市場の出荷台数は175万台で,デスクトップPC,ポータブルPCともにマイナス成長になった。。

 ベンダーシェアの順位は前期と変わらず。NEC,富士通,デルの上位3社が前年同期比で2ケタのマイナス成長となった一方で,4位の東芝と5位のHPがプラス成長を維持したため,両社ともシェアを10%台にのせた。特にHPは前年同期比8.4%増と躍進した。IDCでは,2009年第2四半期も家庭市場は引き続きプラス成長を維持するが,成長率は鈍化するとみている。