PR

 米Gartnerは米国時間2009年6月4日,外部コントローラ型(ECB)ディスク・ストレージ世界市場に関する調査結果を発表した。それによると,2009年第1四半期の売上高は38億ドルで,前年同期から11.1%減少した。

 売上高が前年を大きく下回った主な要因として,同社主席リサーチ・アナリストのDonna Taylor氏は不況と販売サイクルの長期化を挙げている。

 ベンダー別の市場シェア・ランキングは,前年同期と同じ結果になった。1位は23.2%のシェアを獲得した米EMC。以下,米IBM(11.1%),米Hewlett-Packard(9.8%),日立製作所/Hitachi Data Systems(10.6%),米Dell(9.2%)と続いた。

■2009年第1四半期のECBディスク・ストレージ世界市場の売上高
(速報値,売上高の単位は100万ドル,市場シェアと成長率は%)
--------------------------------------------------------------------
メーカー               2009年Q1             2008年Q1          成長率
                   -------------------  --------------------
                   売上高   市場シェア  売上高    市場シェア
--------------------------------------------------------------------
EMC                  879.7   23.2       1,049.1   24.6        -16.1
IBM                  419.9   11.1         491.1   11.5        -14.5
HP                   372.1    9.8         488.6   11.4        -23.8
日立/HDS             403.6   10.6         437.5   10.2         -7.8
Dell                 348.1    9.2         382.9    9.0         -9.1
Network Appliance    324.0    8.5         360.7    8.4        -10.2
Sun Microsystems     150.4    4.0         216.0    5.1        -30.4
その他               900.5   23.7         846.0   19.8          6.4
--------------------------------------------------------------------
合計               3,798.3  100.0       4,271.7  100.0        -11.1
--------------------------------------------------------------------
注1)EMCの売上高は,DellとFujitsu SiemensからのOEM売上高を除く
注2)日立/HDSの売上高は,HPとSun MicrosystemsからのOEM売上高を除く
注3)2009年Q1のその他の売上高は,2008年Q1には含まれていない新ベンダー
およびホワイトボックス市場に対する評価の上方修正を含む
出典:Gartner(2009年6月)

[発表資料へ]