PR

 米Nielsenは米国時間2009年6月10日,米国世帯における地上デジタル放送への移行状況について調査した結果を発表した。それによると,2.5%に相当する280万世帯が,デジタル放送の視聴に必要な機器をまだ準備していないことが分かった。米国では,6月12日にアナログ放送は完全に打ち切られ,デジタル放送に切り替わる。

 人種別に見ると,アフリカ系およびヒスパニック系の世帯で,未対応の割合が高い。また,年齢別では,55歳以上の世帯において,移行準備が完了している割合が最も大きい。

 Nielsenのメディア・クライアント・サービス部門で社長を務めるSara Erichson氏によると,米政府が2月にアナログ放送終了の延期を決定してから現在までの間に,デジタル放送に未対応の世帯の数は580万から280万に半減した。同氏は,「人々の日常生活におけるテレビの重要性の大きさを考えると,アナログ放送が終了してしまえば,現在未対応の世帯のほとんどが,デジタル放送視聴環境を整えるだろう」と推測する。

■地デジ未対応の米国世帯の人種/年齢別割合(%)
-------------------------------------------------------------------------------
日付       全体  白人  アフリカ系  ヒスパニック系  アジア系  35歳以下  55歳以上
-------------------------------------------------------------------------------
2009年
 6月7日    2.5   1.9         5.1             4.3       3.1       4.6       1.3
 5月25日   2.7   2.1         5.4             4.7       3.2       5.0       1.5
 5月10日   2.9   2.3         5.7             4.9       3.4       5.4       1.6
 4月26日   3.1   2.4         5.9             5.0       4.1       5.7       1.7
 4月12日   3.2   2.5         5.9             5.4       4.3       5.9       1.7
 3月29日   3.4   2.7         6.2             5.6       4.4       6.3       1.8
 3月15日   3.6   2.9         6.6             6.1       4.4       6.5       2.0
 3月1日    3.9   3.2         6.7             6.5       4.5       7.2       2.2
 2月15日   4.4   3.6         7.5             7.4       5.1       8.1       2.6
 2月1日    5.1   4.1         8.7             8.5       6.3       8.6       3.2
 1月18日   5.7   4.6         9.9             9.7       6.9       8.8       4.0
2008年
 12月21日  6.8   5.6        10.8            11.5       8.1       9.9       5.2
-------------------------------------------------------------------------------
出典:The Nielsen Company

 地域別では,ケーブル・テレビがあまり普及していない西部で,未対応世帯の割合が最も高い。一方,対応が一番進んでいるのは,東部である。

[発表資料(プレス・リリース)]
[発表資料(公式ブログ)]