PR

 米IDCは米国時間2009年7月30日,同年第2四半期の世界携帯電話市場について調査した結果を発表した。出荷台数は2億6960万台で,前年同期の3億220万台から10.8%減少した。しかし前年より17.2%落ち込んだ第1四半期と比べれば,下げ幅が改善している。

 同社上級アナリストのRyan Reith氏によると,大手携帯電話ベンダーのうち,フィンランドNokiaと韓国Samsung,カナダResearch In Motion,米Appleは当期,スマートフォンの売れ行きが予想以上に好調だった。Appleが「iPhone 3G」の値下げを実施したが,こうした値下げ競争は今後も続くと同氏は見ている。

 地域別で見ると,北米では「Palm Pre」や「iPhone 3G S」が発売されたことで,スマートフォン市場が好調だった。中南米は出荷台数が前年同期比では減少したものの,前期比では増加した。一方,西欧では前年からの需要低迷が依然として続いている。アジア太平洋地域は,高い貯蓄率や政府の積極的な財政政策により,世界不況下でも消費者需要が維持された。

 ベンダー別では,Nokiaが首位を維持したが,その出荷台数は前年同期から15.4%減少し,市場シェアも前年同期の40.4%から38.3%に縮小した。2位のSamsungは,タッチスクリーンやメッセージング機能を搭載した機種が好調で,市場シェアを前年同期比4.2ポイント拡大した。3位は韓国LG Electronics(市場シェア11.1%),4位は米Motorola(同5.5%),5位は英Sony Ericsson(同5.1%)。

 なお2009年通期は,総出荷台数が前年比13%減と予測されている。

2009年第2四半期の世界携帯電話市場における出荷台数シェア(単位:100万台)
------------------------------------------------------------------------
ベンダー              2009年Q2               2008年Q2             伸び率
                  ---------------------   ---------------------
                  出荷台数   市場シェア   出荷台数   市場シェア
------------------------------------------------------------------------
Nokia              103.2      38.3%       122.0       40.4%    -15.4%
Samsung             52.3      19.4%        45.8       15.2%     14.2%
LG Electronics      29.8      11.1%        28.1        9.3%      6.0%
Motorola            14.8       5.5%        27.9        9.2%    -47.0%
Sony Ericsson       13.8       5.1%        24.4        8.1%    -43.4%
その他              55.7      20.7%        54.0       17.9%      3.1%
------------------------------------------------------------------------
合計               269.6     100.0%       302.2      100.0%    -10.8%
------------------------------------------------------------------------
出典:IDC Worldwide Quarterly Mobile Phone Tracker(2009年7月30日)

[発表資料へ]