PR

 米comScoreは米国時間2009年8月14日,米国検索エンジン市場の今後に関する調査結果を発表した。米Microsoftと米Yahoo!が提携を結んだが,両社のシェアを合わせても米Googleとの開きは依然として大きい。しかし,利用者への浸透率では,Googleに対抗できる可能性があるという。

 6月の米国検索市場では,Googleが検索回数ベースのシェア65.0%を獲得した。Yahoo!は19.6%,Microsoftは8.4%で,合計シェアは28.0%にとどまった。しかし検索サービス利用者への浸透率を見た場合,Yahoo!とMicrosoft連合は73.3%にのぼり,Googleの84.0%との差は比較的小さかった。comScoreの指摘では,検索回数ベースのシェアで差が開くのは,Googleの利用者は1カ月当たり平均54.5回検索するのに対し,Yahoo!とMicrosoftの利用者の検索回数は平均26.9回と少ないためだという。

 ユーザーのロイヤルティを分析したところ,Google利用者は全検索の68.9%をGoogleで行っているが,Yahoo!とMicrosoftの利用者がこれらの検索エンジンで実行したのは全検索のわずか32.6%という結果だった。

 同調査では,米Enquiro Search Solutionsの社長兼CEOを務めるGord Hotchkiss氏の言葉を引用し,「ユーザーは無意識のうちに検索エンジンを選択することが多い。ユーザーが習慣的にGoogleを利用するのを阻止するには,MicrosoftとYahoo!は大幅に優れた検索体験と差別化を提供する必要がある。また,自社サービスやアプリケーションと検索エンジンを密接に連携させ,ユーザーがわざわざGoogleで検索を行わないようにすることが重要だ」と締めくくっている。

[発表資料へ]